• ながおけひさし整体

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。


口内炎にはいくつか種類がありますが、

その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。


これは、ストレスや睡眠不足、

栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。


白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。


そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、

口の中も乾燥してしまうから。


私達の口の中は、

本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態です。


唾液には殺菌作用や粘膜を保護する働きがあり、

これによって口内環境が守られている面があります。


しかし、唾液の量は年齢とともに減少し、

冬は空気の乾燥で更に口内がカラカラになるのです。


口内炎を防ぐのに大切なポイントは3つ。


規則正しい生活とバランスのいい食事で免疫力を上げること。


そしてマメに歯磨きして口内を清潔に保つこと。


最後は、十分な水分補給を心がけ、

食事の際にもよく噛んで唾液の分泌を促し、

口の中を乾燥させないことです。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた