• ながおけひさし整体

老眼対策

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


一般的に40代から始まると言われる老眼。


昔から「近視の人は老眼になりにくい」なんて説もありますが、

これは全く根拠のない話。ただ敢えて「老眼になりやすい人はいるか」と言うと、近くを見る作業の多い人、

つまりパソコンなどを長時間見ている人は通常よりも早く老眼が始まり、

症状も強く出やすいのだそうです。


最近では、

スマホを長時間見続けることで若年層にも「スマホ老眼」が増えていると話題になりました。


ご自分がパソコン等の使い過ぎだと自覚がある方は、

次のポイントに注意しましょう。


①画面と目の距離を離す

②ブルーライトをカットする

③パソコン作業を1時間したら10分休憩

④1メートル以上遠くのものを意識して見る。


普段からこの4つを心がけるだけでスマホ老眼の場合は症状が改善する可能性があります。

また、まだ老眼になっていない人は予防の為にトレーニングがオススメです。


目の周りの筋肉をほぐし、

血流を改善することで視力回復及び老眼予防につながります。

方法は簡単。


1つ目は、

目をぎゅっとつむり2秒キープして次にパッと開いて2秒キープ。


これを5回繰り返します。


これはドライアイや目の下のたるみにも効果が期待できます。


2つ目は、

片方の手を前に伸ばして人差し指を立て、

指先を1秒、次に5mくらい先にある物に1秒、

それぞれ目のピントを合わせましょう。



これを30回くらい繰り返してみてください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ