• ながおけひさし整体

老眼対策

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


一般的に40代から始まると言われる老眼。


昔から「近視の人は老眼になりにくい」なんて説もありますが、

これは全く根拠のない話。ただ敢えて「老眼になりやすい人はいるか」と言うと、近くを見る作業の多い人、

つまりパソコンなどを長時間見ている人は通常よりも早く老眼が始まり、

症状も強く出やすいのだそうです。


最近では、

スマホを長時間見続けることで若年層にも「スマホ老眼」が増えていると話題になりました。


ご自分がパソコン等の使い過ぎだと自覚がある方は、

次のポイントに注意しましょう。


①画面と目の距離を離す

②ブルーライトをカットする

③パソコン作業を1時間したら10分休憩

④1メートル以上遠くのものを意識して見る。


普段からこの4つを心がけるだけでスマホ老眼の場合は症状が改善する可能性があります。

また、まだ老眼になっていない人は予防の為にトレーニングがオススメです。


目の周りの筋肉をほぐし、

血流を改善することで視力回復及び老眼予防につながります。

方法は簡単。


1つ目は、

目をぎゅっとつむり2秒キープして次にパッと開いて2秒キープ。


これを5回繰り返します。


これはドライアイや目の下のたるみにも効果が期待できます。


2つ目は、

片方の手を前に伸ばして人差し指を立て、

指先を1秒、次に5mくらい先にある物に1秒、

それぞれ目のピントを合わせましょう。



これを30回くらい繰り返してみてください。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因 足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、 前触れもなく突然発症することが多いです。 こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。 原因は多岐に渡りますが、 もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。 汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、 筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。 このほか、激しい運動によ

★首の痛みと枕の関係

ぐっすり寝たのに朝起きてみたら首が痛い、 肩が凝っている…そんな経験はありませんか。 もしそうなら枕が合っていないのかもしれません。 首や肩のコリの原因は様々ありますが、 意外と枕との相性も大事。 枕は毎回、最低でも連続で6〜7時間は使うアイテムですから、 それがもし合っていないと予想以上に首や肩に悪影響があるんですね。 実は、人は寝ている時、体重の約8%もの重さが頭部にかかると言われています。

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、 「血行の促進」は重要です。 血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、 体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。 人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。 その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、 ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.