• ながおけひさし整体

老眼対策

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


一般的に40代から始まると言われる老眼。


昔から「近視の人は老眼になりにくい」なんて説もありますが、

これは全く根拠のない話。ただ敢えて「老眼になりやすい人はいるか」と言うと、近くを見る作業の多い人、

つまりパソコンなどを長時間見ている人は通常よりも早く老眼が始まり、

症状も強く出やすいのだそうです。


最近では、

スマホを長時間見続けることで若年層にも「スマホ老眼」が増えていると話題になりました。


ご自分がパソコン等の使い過ぎだと自覚がある方は、

次のポイントに注意しましょう。


①画面と目の距離を離す

②ブルーライトをカットする

③パソコン作業を1時間したら10分休憩

④1メートル以上遠くのものを意識して見る。


普段からこの4つを心がけるだけでスマホ老眼の場合は症状が改善する可能性があります。

また、まだ老眼になっていない人は予防の為にトレーニングがオススメです。


目の周りの筋肉をほぐし、

血流を改善することで視力回復及び老眼予防につながります。

方法は簡単。


1つ目は、

目をぎゅっとつむり2秒キープして次にパッと開いて2秒キープ。


これを5回繰り返します。


これはドライアイや目の下のたるみにも効果が期待できます。


2つ目は、

片方の手を前に伸ばして人差し指を立て、

指先を1秒、次に5mくらい先にある物に1秒、

それぞれ目のピントを合わせましょう。



これを30回くらい繰り返してみてください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.