• ながおけひさし整体

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状


イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、

疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・

動悸などの身体の症状もあります。


■5月病の原因は


日本は4月が年度切り替わりのため、

環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。

新しい環境でのストレスに3・4月に

晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。


■5月病の対処法


まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから!

朝食を摂ると体内時計がリセットされ、

頭に栄養を供給することで生産性があがります。

そして夕食は21時までに。和食を中心としたメニューがおすすめです。

また、運動習慣がない方は、

少し汗ばむくらいの運動(有酸素運動)を1回30分程度、1日に1~2回、

週に3~5日行ってみてください。

そして喫煙者の方は、禁煙すると2割以上の人に不安やうつ状態、

ストレスの改善があるといわれています。


0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。