• ながおけひさし整体

骨盤底筋を鍛えよう

「骨盤底筋」という言葉を聞いたことがありますか。


骨盤底筋とは骨盤の底部分にある筋肉の総称で、

骨盤や内臓を支え排尿や排便のコントロールをする役目を担っている筋肉群です。


この筋肉群は骨盤の下でハンモック状に広がり内臓を支えているので、

ここが衰えてしまうと内臓が下がり下腹部がぽっこりします。


また、腹圧が下がることで尿道が緩み頻尿や尿漏れの原因になることも。


くしゃみをした時に尿が漏れる自覚がある方は骨盤底筋が緩んでいる可能性が高いです。


この筋肉は年齢とともに緩みますし、

体の構造的に女性の方が緩みやすいので注意してください。


ちなみに、「排尿の回数が増えた」「尿意を感じてから我慢できない」

「力を入れても下腹部がへこまない」、


こうした項目も骨盤底筋が緩んでいるチェックポイントですから確認してみましょう。


骨盤底筋を鍛えるには、

仰向けに寝て両ひざを立てて足を肩幅に開きリラックスします。


次に15秒くらい、

尿道や肛門をお腹に引き上げるイメージでぐっと締めます。


その後は45秒程度力を抜きます。


約1分の「締める→ゆるめる」のサイクルを10回くらい繰り返してください。


この時のポイントは、動きはゆっくり、

そしてお腹に力を入れないこと!


慣れてくれば、

同じことを椅子に座った状態でも出来るので仕事中でも簡単に鍛えられますよ。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。