• ながおけひさし整体

難聴とその影響

最近ちょっと音や声が聞こえにくいかな…?


そう感じたら難聴を疑ってみてください。


難聴には様々な種類があり、最近増えているのは、

長時間イヤホンをつけて音楽を大音量で聞くことで最終的に難聴を引き起こすもの。


これは10〜20代で増えています。


その他にはメニエール病や突発性難聴など病気を原因とするものもあり、

その場合は医療機関での適切な治療が必要になります。


そして、一般的に認知度が高い難聴といえば加齢性難聴でしょう。


日本では国民の10人に1人は加齢性難聴と言われています。


10%と聞くと多いと感じますが、

その理由は70歳を越えると約半数の方が難聴になるからです。


難聴のデメリットは音が聞こえにくいことによる生活のしづらさですが、

実はそれ以上に大きなデメリットが認知症リスクが上がること。


難聴になると、人との会話が億劫になるため会話量が減少したり、

音や言葉を聞き取れないため言語に関する脳を使う頻度も少なくなり、

結果的に認知症発症リスクを引き上げるのです。


更に、加齢性難聴はゆっくり症状が悪化するために本人が気付きづらく、

これも放置につながる原因です。


一度下がった聴力は戻りませんが、

補聴器を使うことで聴力を補えるので前向きに検討してみてください。


尚、高血圧や糖尿病も加齢性難聴を悪化させる原因なので気を付けてくださいね。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因 足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、 前触れもなく突然発症することが多いです。 こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。 原因は多岐に渡りますが、 もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。 汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、 筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。 このほか、激しい運動によ

★首の痛みと枕の関係

ぐっすり寝たのに朝起きてみたら首が痛い、 肩が凝っている…そんな経験はありませんか。 もしそうなら枕が合っていないのかもしれません。 首や肩のコリの原因は様々ありますが、 意外と枕との相性も大事。 枕は毎回、最低でも連続で6〜7時間は使うアイテムですから、 それがもし合っていないと予想以上に首や肩に悪影響があるんですね。 実は、人は寝ている時、体重の約8%もの重さが頭部にかかると言われています。

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、 「血行の促進」は重要です。 血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、 体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。 人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。 その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、 ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.