• ながおけひさし整体

難聴とその影響

最近ちょっと音や声が聞こえにくいかな…?


そう感じたら難聴を疑ってみてください。


難聴には様々な種類があり、最近増えているのは、

長時間イヤホンをつけて音楽を大音量で聞くことで最終的に難聴を引き起こすもの。


これは10〜20代で増えています。


その他にはメニエール病や突発性難聴など病気を原因とするものもあり、

その場合は医療機関での適切な治療が必要になります。


そして、一般的に認知度が高い難聴といえば加齢性難聴でしょう。


日本では国民の10人に1人は加齢性難聴と言われています。


10%と聞くと多いと感じますが、

その理由は70歳を越えると約半数の方が難聴になるからです。


難聴のデメリットは音が聞こえにくいことによる生活のしづらさですが、

実はそれ以上に大きなデメリットが認知症リスクが上がること。


難聴になると、人との会話が億劫になるため会話量が減少したり、

音や言葉を聞き取れないため言語に関する脳を使う頻度も少なくなり、

結果的に認知症発症リスクを引き上げるのです。


更に、加齢性難聴はゆっくり症状が悪化するために本人が気付きづらく、

これも放置につながる原因です。


一度下がった聴力は戻りませんが、

補聴器を使うことで聴力を補えるので前向きに検討してみてください。


尚、高血圧や糖尿病も加齢性難聴を悪化させる原因なので気を付けてくださいね。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。