• ながおけひさし整体

難聴とその影響

最近ちょっと音や声が聞こえにくいかな…?


そう感じたら難聴を疑ってみてください。


難聴には様々な種類があり、最近増えているのは、

長時間イヤホンをつけて音楽を大音量で聞くことで最終的に難聴を引き起こすもの。


これは10〜20代で増えています。


その他にはメニエール病や突発性難聴など病気を原因とするものもあり、

その場合は医療機関での適切な治療が必要になります。


そして、一般的に認知度が高い難聴といえば加齢性難聴でしょう。


日本では国民の10人に1人は加齢性難聴と言われています。


10%と聞くと多いと感じますが、

その理由は70歳を越えると約半数の方が難聴になるからです。


難聴のデメリットは音が聞こえにくいことによる生活のしづらさですが、

実はそれ以上に大きなデメリットが認知症リスクが上がること。


難聴になると、人との会話が億劫になるため会話量が減少したり、

音や言葉を聞き取れないため言語に関する脳を使う頻度も少なくなり、

結果的に認知症発症リスクを引き上げるのです。


更に、加齢性難聴はゆっくり症状が悪化するために本人が気付きづらく、

これも放置につながる原因です。


一度下がった聴力は戻りませんが、

補聴器を使うことで聴力を補えるので前向きに検討してみてください。


尚、高血圧や糖尿病も加齢性難聴を悪化させる原因なので気を付けてくださいね。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★コロナワクチン接種前後の過ごし方

「新型コロナワクチン接種」の副反応や接種前後の過ごし方について 内科医の木村先生に伺いました。 ■ワクチン接種にあたり 当日に発熱など体調に不安がある方は、 接種先へ相談してください。 またワクチンは2回打つことで効果が発揮されます。 接種当日と翌日を無理なくすごせるよう、 スケジュール調整してから臨みましょう。 ■ワクチン接種をした日の過ごし方 ワクチン接種部位は揉まないこと。 接種後は普通に生

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状