• ながおけひさし整体

難聴とその影響

最近ちょっと音や声が聞こえにくいかな…?


そう感じたら難聴を疑ってみてください。


難聴には様々な種類があり、最近増えているのは、

長時間イヤホンをつけて音楽を大音量で聞くことで最終的に難聴を引き起こすもの。


これは10〜20代で増えています。


その他にはメニエール病や突発性難聴など病気を原因とするものもあり、

その場合は医療機関での適切な治療が必要になります。


そして、一般的に認知度が高い難聴といえば加齢性難聴でしょう。


日本では国民の10人に1人は加齢性難聴と言われています。


10%と聞くと多いと感じますが、

その理由は70歳を越えると約半数の方が難聴になるからです。


難聴のデメリットは音が聞こえにくいことによる生活のしづらさですが、

実はそれ以上に大きなデメリットが認知症リスクが上がること。


難聴になると、人との会話が億劫になるため会話量が減少したり、

音や言葉を聞き取れないため言語に関する脳を使う頻度も少なくなり、

結果的に認知症発症リスクを引き上げるのです。


更に、加齢性難聴はゆっくり症状が悪化するために本人が気付きづらく、

これも放置につながる原因です。


一度下がった聴力は戻りませんが、

補聴器を使うことで聴力を補えるので前向きに検討してみてください。


尚、高血圧や糖尿病も加齢性難聴を悪化させる原因なので気を付けてくださいね。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

★暖房器具

これから、いよいよ本格的に暖房器具のお世話になる季節。 広範囲を効率よく温めるならエアコンやファンヒーター、 温まるスピード重視の方にはファンヒーターがオススメです。 ただ、ファンヒーターは空気が汚れるのと、 湿度が上がり結露ができやすいのが欠点。 一方のエアコンは、 空気は汚れませんが風が出るのと乾燥しやすいのが欠点です。 こうした空気の汚れや風を嫌う方は、 オイルヒーターやパネルヒーターがいい

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.