• ながおけひさし整体

難聴とその影響

最近ちょっと音や声が聞こえにくいかな…?


そう感じたら難聴を疑ってみてください。


難聴には様々な種類があり、最近増えているのは、

長時間イヤホンをつけて音楽を大音量で聞くことで最終的に難聴を引き起こすもの。


これは10〜20代で増えています。


その他にはメニエール病や突発性難聴など病気を原因とするものもあり、

その場合は医療機関での適切な治療が必要になります。


そして、一般的に認知度が高い難聴といえば加齢性難聴でしょう。


日本では国民の10人に1人は加齢性難聴と言われています。


10%と聞くと多いと感じますが、

その理由は70歳を越えると約半数の方が難聴になるからです。


難聴のデメリットは音が聞こえにくいことによる生活のしづらさですが、

実はそれ以上に大きなデメリットが認知症リスクが上がること。


難聴になると、人との会話が億劫になるため会話量が減少したり、

音や言葉を聞き取れないため言語に関する脳を使う頻度も少なくなり、

結果的に認知症発症リスクを引き上げるのです。


更に、加齢性難聴はゆっくり症状が悪化するために本人が気付きづらく、

これも放置につながる原因です。


一度下がった聴力は戻りませんが、

補聴器を使うことで聴力を補えるので前向きに検討してみてください。


尚、高血圧や糖尿病も加齢性難聴を悪化させる原因なので気を付けてくださいね。

閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭痛にも種類がありますが、 長時間のスマホやパソコン使用で首が前傾姿勢になり、 首や肩の筋肉が緊張することで起こるのが「緊張型頭痛」。 予防には、姿勢を改善して首から肩への負荷を減らし、 筋肉にたまった緊張を普段からほぐすことが大切です。 是非普段からケアして頂きたいと思いますが、 それでも頭痛が起きてしまうことはありますよね。 そこで今回は、緊張型頭痛が起きた時に、 その場ですぐできる対処法をご

最近、歩く時に足の裏が痛む…。 特に朝の1歩目の痛みが酷い…。 そんな症状がある方は「足底筋膜炎(=足底腱膜炎)」かもしれません。 私達の足裏には、 指の付け根から踵までをつなぐ足底腱膜という分厚い膜があります。 この膜は普段、土踏まずを支え、 足裏への衝撃を和らげる働きをしてくれるもの。 そんな足底腱膜に炎症がおこると、 足裏に強い痛みが出るのです。 多くはリハビリやサポーターなどで治療しますが

■逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎とは、 おもに胃酸を含む胃内容物が食道内に逆流し長時間停滞することで、 食道粘膜が刺激され粘膜障害が生じた状態をいいます。 人口の10%~20%にみられる頻度の高い疾患で、 食道腺癌のリスクともなります。 近年では、逆流性食道炎も生活習慣病のひとつと考えられており、 生活習慣を改めることで改善が期待されるようになりました。 ■まずは、正しい生活習慣から! 肉・乳製