• ながおけひさし整体

鎖骨も凝るの?!

こりで意識する骨といえば肩甲骨が有名ですが、

実はもう1つ意識して頂きたいのが「鎖骨」です。


鎖骨の下の部分を鎖骨に沿って指圧してみて固く張っていたり痛かったら、

あなたの鎖骨周辺は凝っています。


鎖骨周辺がこる主な原因は、

猫背やパソコン作業など肩が前に出る「巻き肩」の状態が長く続くこと。


そういった姿勢の自覚がある方は特に意識して鎖骨周辺をほぐしましょう。


まず両肩にそれぞれ指をそえ、

その形のまま腕を後ろにゆっくり5〜10回まわしてください。


次に、2〜3本の指で鎖骨のすぐ下のラインを円を描くように軽く押しながらマッサージします。


その際、特に痛かったり凝りを感じるポイントがある時は、

そこをぐっと指圧します。


最後に鎖骨の終わりと脇の間にある「小胸筋」という筋肉、

ここは殆どの人が押すと「痛気持ちいい」と感じる凝っているポイントですから、

ここも念入りに指圧してほぐしていきましょう。


小胸筋は肩甲骨につながっていることと、

呼吸の補助をしてくれる筋肉でもあるので、

ここがほぐれると深い呼吸ができるようになるだけでなく肩甲骨の緊張も軽減させる効果が期待できます。


鎖骨は体の前面にあり肩甲骨などに比べ自分でマッサージしやすい部分ですから、

仕事や家事の合間でも手軽にマッサージが可能です。


こまめにケアしていきましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.