• ながおけひさし整体

鎖骨も凝るの?!

こりで意識する骨といえば肩甲骨が有名ですが、

実はもう1つ意識して頂きたいのが「鎖骨」です。


鎖骨の下の部分を鎖骨に沿って指圧してみて固く張っていたり痛かったら、

あなたの鎖骨周辺は凝っています。


鎖骨周辺がこる主な原因は、

猫背やパソコン作業など肩が前に出る「巻き肩」の状態が長く続くこと。


そういった姿勢の自覚がある方は特に意識して鎖骨周辺をほぐしましょう。


まず両肩にそれぞれ指をそえ、

その形のまま腕を後ろにゆっくり5〜10回まわしてください。


次に、2〜3本の指で鎖骨のすぐ下のラインを円を描くように軽く押しながらマッサージします。


その際、特に痛かったり凝りを感じるポイントがある時は、

そこをぐっと指圧します。


最後に鎖骨の終わりと脇の間にある「小胸筋」という筋肉、

ここは殆どの人が押すと「痛気持ちいい」と感じる凝っているポイントですから、

ここも念入りに指圧してほぐしていきましょう。


小胸筋は肩甲骨につながっていることと、

呼吸の補助をしてくれる筋肉でもあるので、

ここがほぐれると深い呼吸ができるようになるだけでなく肩甲骨の緊張も軽減させる効果が期待できます。


鎖骨は体の前面にあり肩甲骨などに比べ自分でマッサージしやすい部分ですから、

仕事や家事の合間でも手軽にマッサージが可能です。


こまめにケアしていきましょう。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ