• ながおけひさし整体

鎖骨も凝るの?!

こりで意識する骨といえば肩甲骨が有名ですが、

実はもう1つ意識して頂きたいのが「鎖骨」です。


鎖骨の下の部分を鎖骨に沿って指圧してみて固く張っていたり痛かったら、

あなたの鎖骨周辺は凝っています。


鎖骨周辺がこる主な原因は、

猫背やパソコン作業など肩が前に出る「巻き肩」の状態が長く続くこと。


そういった姿勢の自覚がある方は特に意識して鎖骨周辺をほぐしましょう。


まず両肩にそれぞれ指をそえ、

その形のまま腕を後ろにゆっくり5〜10回まわしてください。


次に、2〜3本の指で鎖骨のすぐ下のラインを円を描くように軽く押しながらマッサージします。


その際、特に痛かったり凝りを感じるポイントがある時は、

そこをぐっと指圧します。


最後に鎖骨の終わりと脇の間にある「小胸筋」という筋肉、

ここは殆どの人が押すと「痛気持ちいい」と感じる凝っているポイントですから、

ここも念入りに指圧してほぐしていきましょう。


小胸筋は肩甲骨につながっていることと、

呼吸の補助をしてくれる筋肉でもあるので、

ここがほぐれると深い呼吸ができるようになるだけでなく肩甲骨の緊張も軽減させる効果が期待できます。


鎖骨は体の前面にあり肩甲骨などに比べ自分でマッサージしやすい部分ですから、

仕事や家事の合間でも手軽にマッサージが可能です。


こまめにケアしていきましょう。

2回の閲覧

最新記事

すべて表示

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因 足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、 前触れもなく突然発症することが多いです。 こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。 原因は多岐に渡りますが、 もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。 汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、 筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。 このほか、激しい運動によ

★首の痛みと枕の関係

ぐっすり寝たのに朝起きてみたら首が痛い、 肩が凝っている…そんな経験はありませんか。 もしそうなら枕が合っていないのかもしれません。 首や肩のコリの原因は様々ありますが、 意外と枕との相性も大事。 枕は毎回、最低でも連続で6〜7時間は使うアイテムですから、 それがもし合っていないと予想以上に首や肩に悪影響があるんですね。 実は、人は寝ている時、体重の約8%もの重さが頭部にかかると言われています。

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、 「血行の促進」は重要です。 血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、 体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。 人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。 その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、 ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.