• ながおけひさし整体

鎖骨も凝るの?!

こりで意識する骨といえば肩甲骨が有名ですが、

実はもう1つ意識して頂きたいのが「鎖骨」です。


鎖骨の下の部分を鎖骨に沿って指圧してみて固く張っていたり痛かったら、

あなたの鎖骨周辺は凝っています。


鎖骨周辺がこる主な原因は、

猫背やパソコン作業など肩が前に出る「巻き肩」の状態が長く続くこと。


そういった姿勢の自覚がある方は特に意識して鎖骨周辺をほぐしましょう。


まず両肩にそれぞれ指をそえ、

その形のまま腕を後ろにゆっくり5〜10回まわしてください。


次に、2〜3本の指で鎖骨のすぐ下のラインを円を描くように軽く押しながらマッサージします。


その際、特に痛かったり凝りを感じるポイントがある時は、

そこをぐっと指圧します。


最後に鎖骨の終わりと脇の間にある「小胸筋」という筋肉、

ここは殆どの人が押すと「痛気持ちいい」と感じる凝っているポイントですから、

ここも念入りに指圧してほぐしていきましょう。


小胸筋は肩甲骨につながっていることと、

呼吸の補助をしてくれる筋肉でもあるので、

ここがほぐれると深い呼吸ができるようになるだけでなく肩甲骨の緊張も軽減させる効果が期待できます。


鎖骨は体の前面にあり肩甲骨などに比べ自分でマッサージしやすい部分ですから、

仕事や家事の合間でも手軽にマッサージが可能です。


こまめにケアしていきましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた