• ながおけひさし整体

足がつる原因や対策

夜寝ている時や、起きている時でも、ふとした瞬間に突然足や足の指がつるという方いらっしゃいませんか。

足がつるのには色々と原因があり、中には糖尿病や脳梗塞など重大な病気の可能性もありますが、

とりあえず今回は病気以外の要因で起こる「足がつる」という現象について、原因や対策をご紹介しましょう。

「足がつる」というのを最も簡単に表現するなら、足の筋肉の痙攣です。

私達の体には心筋・平滑筋・骨格筋という3種類の筋肉があり、

心臓の近くにある心筋や胃や腸など内臓周辺に多い平滑筋は、自分の意思で動かせない不随意筋と呼ばれるもの。

私達の意思で動かせるのは、残る「骨格筋」と呼ばれる筋肉です。

骨格筋は手足・腹筋・背筋などまさに普段自分達が意識して動かしている部分の筋肉ですが、

この骨格筋に対して何らかの理由で神経伝達の異常が起こり、自分の意思とは関係なく筋肉が痙攣すること…

これこそが「足がつる」なんですね。

その予防策として、適度な運動で足の筋肉をつけ、ストレッチで筋肉を伸ばして血流を改善させ、のんびり湯船につかり体を温め、

水やミネラルをこまめに補給すればいいということ。

全部一気にやるのは大変そうですが、1つ1つは小さな心がけで出来る簡単なものばかりです。

少しでもいいので気を付けてみてください。

尚、もし足がつった場合は、ストレッチをして足を伸ばしたあと痛みが残る場合は患部を温めて安静にしておきましょう。

お水を飲むのも忘れないでくださいね。

就寝中によく足がつる人は、寝る前にストレッチをしておくと予防効果が期待できます。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

★暖房器具

これから、いよいよ本格的に暖房器具のお世話になる季節。 広範囲を効率よく温めるならエアコンやファンヒーター、 温まるスピード重視の方にはファンヒーターがオススメです。 ただ、ファンヒーターは空気が汚れるのと、 湿度が上がり結露ができやすいのが欠点。 一方のエアコンは、 空気は汚れませんが風が出るのと乾燥しやすいのが欠点です。 こうした空気の汚れや風を嫌う方は、 オイルヒーターやパネルヒーターがいい

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.