• ながおけひさし整体

足がつる原因や対策

夜寝ている時や、起きている時でも、ふとした瞬間に突然足や足の指がつるという方いらっしゃいませんか。

足がつるのには色々と原因があり、中には糖尿病や脳梗塞など重大な病気の可能性もありますが、

とりあえず今回は病気以外の要因で起こる「足がつる」という現象について、原因や対策をご紹介しましょう。

「足がつる」というのを最も簡単に表現するなら、足の筋肉の痙攣です。

私達の体には心筋・平滑筋・骨格筋という3種類の筋肉があり、

心臓の近くにある心筋や胃や腸など内臓周辺に多い平滑筋は、自分の意思で動かせない不随意筋と呼ばれるもの。

私達の意思で動かせるのは、残る「骨格筋」と呼ばれる筋肉です。

骨格筋は手足・腹筋・背筋などまさに普段自分達が意識して動かしている部分の筋肉ですが、

この骨格筋に対して何らかの理由で神経伝達の異常が起こり、自分の意思とは関係なく筋肉が痙攣すること…

これこそが「足がつる」なんですね。

その予防策として、適度な運動で足の筋肉をつけ、ストレッチで筋肉を伸ばして血流を改善させ、のんびり湯船につかり体を温め、

水やミネラルをこまめに補給すればいいということ。

全部一気にやるのは大変そうですが、1つ1つは小さな心がけで出来る簡単なものばかりです。

少しでもいいので気を付けてみてください。

尚、もし足がつった場合は、ストレッチをして足を伸ばしたあと痛みが残る場合は患部を温めて安静にしておきましょう。

お水を飲むのも忘れないでくださいね。

就寝中によく足がつる人は、寝る前にストレッチをしておくと予防効果が期待できます。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ