• ながおけひさし整体

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに?


花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、

アレルギー性鼻炎の一種。

花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、

抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、

アレルギー反応として現れます。


■花粉が多い時間帯


晴れて気温が高い日・

空気が乾燥して風がつよい日・

雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。

1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、

日没前後に飛散量が増えます。


■日常生活でできること


飛散の多いときは窓や戸を閉め、

帰宅時は衣服や髪をよくはらうこと。

アウターはツルツルした素材がおすすめです。

またマスクやメガネを使えば、

50%程度花粉をカットすることができます。


■薬で症状を抑える

花粉症で使う主な薬は、

抗ヒスタミン剤に分類されるアレルギー症状を抑える薬です。

眠気が起きることが問題視されがちでしたが、

最近では眠気のでない薬の開発も進んでいます。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。