• ながおけひさし整体

★睡眠と痛みの関係

■痛みと睡眠障害


睡眠不足で頭痛を経験したことがある方も多いでしょう。


また、腰痛のため眠れないという方もいらっしゃると思います。


睡眠障害は、慢性の痛みがある患者さんが多い傾向にあります。


2018年の報告では不眠症(72%)、むずむず脚症候群(32%)、

睡眠時無呼吸症候群(32%)など、

睡眠障害が慢性の痛みと合併していることも明らかになっています。


たとえば、変形性膝関節症の患者さんでは、

睡眠障害が全体の80%にものぼります。


また、処方薬が睡眠障害の原因になっている可能性もあるでしょう。


さらに、睡眠障害はうつや不安障害などの精神障害を伴うケースが多く、

睡眠の質の悪化は、痛みだけでなく、うつ・不安の悪化にも影響します。


■不眠改善のためのセルフケア


食事や運動などの生活習慣の見直しにより、

睡眠の質を改善することができます。


たとえば、禁煙はもちろん、

カフェインの摂取量やタイミングに気を付けてみてください。


眠る直前の激しい運動、TV鑑賞、パソコンやスマートフォンの使用を避け、

原因を探るために、睡眠/痛み日誌をつけてみるのもおすすめです。


セルフケアで不眠が改善しない場合には、早めに相談してみてください。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた