• ながおけひさし整体

皆さんは鎮痛剤をよく飲みますか?





当院にお越しになるわけですから、

どこかに痛みを抱えている方が多いと思いますが、

鎮痛剤は痛みを抑えてくれる半面、

長期間に渡る摂取では副作用を起こす可能性もあるんです。


鎮痛剤の副作用の代表的なものは胃潰瘍で、

病院での処方には胃薬がセットで出されることが殆どですが、

それ以外にも心筋梗塞や脳梗塞、

腎臓の働きの低下などの副作用もあります。


特に、高血圧の薬との併用はより注意が必要になるそうですよ。


ドラッグストアで簡単に手に入ることもあり最も身近な薬の1つである鎮痛剤ですが、

やはり薬は薬。


こうした副作用を防ぐためにも根本的に症状を改善させ、

鎮痛剤に頼らない生活が送れるようにしていきましょうね。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.