• ながおけひさし整体

痛みの三大原因



当院のブログをご覧頂きありがとうございます。


ながおけひさし整体院の院長永桶です。


本日は痛みの三大原因についてお話させて頂きます。


三大原因とは


「真皮」(普段見える皮膚は表皮、これを一枚皮を捲ったのが真皮)


「筋膜」(筋肉を覆った膜、ウインナーで例えると中の肉を覆っている膜)


「関節包」(骨と骨を繋ぐ靭帯の袋)


この三つの組織に人は酸欠が起きると痛みを感じます。


では何故「真皮」「筋膜」「関節包」にみを感じるのか?


酸欠が起きるとその組織達は脳に発痛物質を送ります。


発痛物質を脳がキャッチすると人は初めて脳からの信号で痛みを感じるようになります。


つまり痛みの原因の解決方法とは酸素を運んでいる血液の流れを良くして、

「真皮」「筋膜」「関節包」に酸素が届く環境を整えてあげる事が大切です。


ながおけひさし整体院では整体・骨格調整で痛みの三大原因


「真皮」に遊びを作り


「筋膜」を整え


「関節包」に動きを付け


アプローチをしていき症状の改善をします。


それにより今まで諦めていた○○したい○○やってみたいを応援します。


もし今お悩みの症状がありましたら一度ご連絡ください。


僕と二人三脚で一緒に改善しましょう。


〒790-0911

愛媛県松山市桑原4-10-30

☎️089-950-4399

✉nagaokeseitaiin@gmail.com

<u>https://nagaokeseitaiin.wixsite.com/nagaoke</u>


#愛媛県 #松山市 #桑原 #伊予銀行桑原支店向かい #東雲女子短大前

#整体院 #カイロプラクティック #痛みの原因 #腰痛 

31回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.