• ながおけひさし整体

★熱中症の症状と対策

■熱中症の症状


熱中症の症状は3段階あり、

簡単に軽症から中等症へ進行することもあります。

初期症状で気付くよう注意し、

早めに対策してください。

危険信号の症状が見られた場合は、

救急要請が必要です。


【熱中症の初期症状】


手足のしびれ/めまいや立ちくらみ/筋肉のこむら返り(筋肉の痛み)


【熱中症の危険信号】


高い体温/赤い、熱い、乾いた皮膚(まったく汗をかかず触るととても熱い)/ズキンズキンとする頭痛/めまいや吐き気/意識障害(応答が異常、呼びかけに反応がない等)


■暑くならない工夫と、こまめな水分補給を


まずは、暑さを避けてください。

エアコンも適切に使いましょう。

衣服はゆったりしたものが良く、

こまめな水分補給も欠かせません。

1回200ml程度をまめに、

1日に体重×30ml摂取が理想です。

例)60㎏×30ml=1.8ℓ


■汗をかける体づくりも意識


上手に発汗するためには暑さになれる必要があります。

運動で汗をかく練習をするのもオススメです。



閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭痛にも種類がありますが、 長時間のスマホやパソコン使用で首が前傾姿勢になり、 首や肩の筋肉が緊張することで起こるのが「緊張型頭痛」。 予防には、姿勢を改善して首から肩への負荷を減らし、 筋肉にたまった緊張を普段からほぐすことが大切です。 是非普段からケアして頂きたいと思いますが、 それでも頭痛が起きてしまうことはありますよね。 そこで今回は、緊張型頭痛が起きた時に、 その場ですぐできる対処法をご

最近、歩く時に足の裏が痛む…。 特に朝の1歩目の痛みが酷い…。 そんな症状がある方は「足底筋膜炎(=足底腱膜炎)」かもしれません。 私達の足裏には、 指の付け根から踵までをつなぐ足底腱膜という分厚い膜があります。 この膜は普段、土踏まずを支え、 足裏への衝撃を和らげる働きをしてくれるもの。 そんな足底腱膜に炎症がおこると、 足裏に強い痛みが出るのです。 多くはリハビリやサポーターなどで治療しますが

■逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎とは、 おもに胃酸を含む胃内容物が食道内に逆流し長時間停滞することで、 食道粘膜が刺激され粘膜障害が生じた状態をいいます。 人口の10%~20%にみられる頻度の高い疾患で、 食道腺癌のリスクともなります。 近年では、逆流性食道炎も生活習慣病のひとつと考えられており、 生活習慣を改めることで改善が期待されるようになりました。 ■まずは、正しい生活習慣から! 肉・乳製