• ながおけひさし整体

★熱中症の症状と対策

■熱中症の症状


熱中症の症状は3段階あり、

簡単に軽症から中等症へ進行することもあります。

初期症状で気付くよう注意し、

早めに対策してください。

危険信号の症状が見られた場合は、

救急要請が必要です。


【熱中症の初期症状】


手足のしびれ/めまいや立ちくらみ/筋肉のこむら返り(筋肉の痛み)


【熱中症の危険信号】


高い体温/赤い、熱い、乾いた皮膚(まったく汗をかかず触るととても熱い)/ズキンズキンとする頭痛/めまいや吐き気/意識障害(応答が異常、呼びかけに反応がない等)


■暑くならない工夫と、こまめな水分補給を


まずは、暑さを避けてください。

エアコンも適切に使いましょう。

衣服はゆったりしたものが良く、

こまめな水分補給も欠かせません。

1回200ml程度をまめに、

1日に体重×30ml摂取が理想です。

例)60㎏×30ml=1.8ℓ


■汗をかける体づくりも意識


上手に発汗するためには暑さになれる必要があります。

運動で汗をかく練習をするのもオススメです。



閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた

■テニス肘とは? 手首を反らす筋肉である短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)が、 肘の骨の付着部で炎症を起こし、 肘の外側が痛くなった状態です。 加齢に伴い硬くなった腱(けん)に、 繰り返しストレスがかかることで起こります。 テニスのバックハンドでボールを打つ動きで この筋肉への負担が過剰になるためテニス肘と呼ばれますが、 手をよく使う人であれば誰でもなる可能性があります。 ■テニス肘の

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。