• ながおけひさし整体

漢方の活用法

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


皆さんは普段から漢方薬はお使いになりますか?


漢方といえばなんとなく内科系の症状に使うイメージが強いですが、

実は様々な痛みやコリの症状にも効果があるものが結構あるんですよ。


例えば、漢方薬でおそらく最も有名で身近な葛根湯。


あれは風邪のひき始めに飲むことで有名ですが、

血行をよくしてくれることから実は肩こりや筋肉痛にも効果があるってご存知でしたか?

この他にも血行を良くして肩こり改善に効果があるもので言えば、

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)などもあります。更に、

イライラ&高血圧による肩こりなら釣藤散(ちょうとうさん)など、

肩こりの原因別で様々な漢方薬があるので、

興味のある方はご自分の体質や体調、

肩こりの原因などから漢方薬を選んでみるのもいいですね。


一番いいのは専門医にかかることですが、

薬局でも手軽に手に入るものも多いので、

治療院での施術やストレッチと併せて日常生活に取り入れてみてもいいかもしれませんね。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

★暖房器具

これから、いよいよ本格的に暖房器具のお世話になる季節。 広範囲を効率よく温めるならエアコンやファンヒーター、 温まるスピード重視の方にはファンヒーターがオススメです。 ただ、ファンヒーターは空気が汚れるのと、 湿度が上がり結露ができやすいのが欠点。 一方のエアコンは、 空気は汚れませんが風が出るのと乾燥しやすいのが欠点です。 こうした空気の汚れや風を嫌う方は、 オイルヒーターやパネルヒーターがいい

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.