• ながおけひさし整体

正しい知識で予防「新型コロナウイルス」

■ご家庭でできる感染対策はコレ!


①人混みを避ける 

②こまめにしっかり手洗い 

③睡眠時間を十分に確保する

④症状がある場合マスクをつける


感染初期の症状は普通の風邪と判別ができません。


風邪の症状がある場合はなるべく外出を控えましょう。


手洗いのタイミングは、帰宅時・トイレの使用後・調理の前など

「ワンアクションの前に必ず」。


通常のマスクでは予防にはなりません。


マスクは咳などの症状が出るケースに備え、

準備しておくことが大切です。


■しっかり休んで、身体の免疫力を維持!


「新型ウイルスには治療法がない」という言葉が恐怖感をあおっていますが、

実はウイルス感染症のほとんどには治療法がありません。

もともと体に備わっている免疫機構がウイルスをやっつけてくれるのです。

無理をせず栄養のある食事を摂り、

十分な休養と睡眠を意識しておきましょう。


■予防策を続け、周りに広げない!

日々の報道に振り回されず、

どんな状況下でも冷静に。

不確かなSNS投稿よりも、

政府や医療機関などの信頼できる情報源を参考にしてください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.