• ながおけひさし整体

★新型コロナ対策としてのマスクの役割

■マスクの種類と期待できる効果


不織布(サージカル)マスクはフィルターの能力が高く、

咳やくしゃみの飛沫を拡散するのを防ぎます。


N95は、医療従事者が使用するプロ仕様。


しっかりと顔に密着して装着することで、

ウイルス感染から身を守ります。


一方で、布マスクは目が粗いため、

不織布マスクと同じ効果は期待できません。


しかし、感染者がウイルスを含む「飛沫」をまき散らすことを

防ぐ効果が証明されています。


みんながマスクを着ければ、

感染拡大のスピード加速や「医療崩壊」を防ぎ、

結果として自分や周りの人の命を守ることに繋がります。


また、一般の方々が布マスクを使用することで、

最前線でウイルスと闘う医療従事者が、

N95やサージカルマスク不足に陥ることを防げます。



■正しい使い方


鼻と口を覆い隙間がないよう装着します。

表面は、飛沫で汚染していることがあるため絶対に触らないこと。

外す際は耳の後ろのゴムを小指でそっと持ち上げて外し、

そのまま捨てるか洗ってください。


■「マスク+行動制限+手洗い」の継続を


もっとも確実な感染予防方法は

「不要不急な外出を避け、なるべく家で過ごすこと」です。

自分の行動が周りに影響を与えると肝に銘じ、

日々を過ごしていきましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝