• ながおけひさし整体

★新型コロナ対策としてのマスクの役割

■マスクの種類と期待できる効果


不織布(サージカル)マスクはフィルターの能力が高く、

咳やくしゃみの飛沫を拡散するのを防ぎます。


N95は、医療従事者が使用するプロ仕様。


しっかりと顔に密着して装着することで、

ウイルス感染から身を守ります。


一方で、布マスクは目が粗いため、

不織布マスクと同じ効果は期待できません。


しかし、感染者がウイルスを含む「飛沫」をまき散らすことを

防ぐ効果が証明されています。


みんながマスクを着ければ、

感染拡大のスピード加速や「医療崩壊」を防ぎ、

結果として自分や周りの人の命を守ることに繋がります。


また、一般の方々が布マスクを使用することで、

最前線でウイルスと闘う医療従事者が、

N95やサージカルマスク不足に陥ることを防げます。



■正しい使い方


鼻と口を覆い隙間がないよう装着します。

表面は、飛沫で汚染していることがあるため絶対に触らないこと。

外す際は耳の後ろのゴムを小指でそっと持ち上げて外し、

そのまま捨てるか洗ってください。


■「マスク+行動制限+手洗い」の継続を


もっとも確実な感染予防方法は

「不要不急な外出を避け、なるべく家で過ごすこと」です。

自分の行動が周りに影響を与えると肝に銘じ、

日々を過ごしていきましょう。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.