• ながおけひさし整体

★新型コロナ対策としてのマスクの役割

■マスクの種類と期待できる効果


不織布(サージカル)マスクはフィルターの能力が高く、

咳やくしゃみの飛沫を拡散するのを防ぎます。


N95は、医療従事者が使用するプロ仕様。


しっかりと顔に密着して装着することで、

ウイルス感染から身を守ります。


一方で、布マスクは目が粗いため、

不織布マスクと同じ効果は期待できません。


しかし、感染者がウイルスを含む「飛沫」をまき散らすことを

防ぐ効果が証明されています。


みんながマスクを着ければ、

感染拡大のスピード加速や「医療崩壊」を防ぎ、

結果として自分や周りの人の命を守ることに繋がります。


また、一般の方々が布マスクを使用することで、

最前線でウイルスと闘う医療従事者が、

N95やサージカルマスク不足に陥ることを防げます。



■正しい使い方


鼻と口を覆い隙間がないよう装着します。

表面は、飛沫で汚染していることがあるため絶対に触らないこと。

外す際は耳の後ろのゴムを小指でそっと持ち上げて外し、

そのまま捨てるか洗ってください。


■「マスク+行動制限+手洗い」の継続を


もっとも確実な感染予防方法は

「不要不急な外出を避け、なるべく家で過ごすこと」です。

自分の行動が周りに影響を与えると肝に銘じ、

日々を過ごしていきましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。

貧血は特に女性に多く、隠れ貧血の人を加えると全体で約40%、 月経がある年代に限れば半数以上の人が該当するというのですから驚きです。 症状は様々で、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、むくみ、めまい、 集中力の低下…など多種多様。 そもそも、日本は諸外国と比べても圧倒的な貧血大国です。 その主な原因が、若い頃から激しいダイエットに励む女性が多いこと。 栄養不足に加えて月経があるため、多くの人が鉄欠乏になっ