• ながおけひさし整体

座り過ぎの弊害


今回は「座り過ぎ」についてお伝えします。


シドニー大学が主要20カ国に対して行った「座位(座った状態)時間」調査で日本は平均7時間となり、

20カ国中最長でした。


しかもこの7時間はあくまでも平均値ですから、

オフィスワークの方はもっと多いはずです。


座った状態は最も筋肉を動かさない姿勢なのでふくらはぎの筋肉も停止状態で血流は悪化、

人体で一番大きな筋肉の太もも(大腿四頭筋)も動かないので代謝が下がり肥満や糖尿のリスクも高めます。


その他にもガンや生活習慣病による死亡リスクも高まるという研究結果が出ており、

具体的には、座位時間が1日4時間以下の人を基準にすると、


11時間以上の人の総死亡リスクは1.4倍!


これは、仮に週5日30分ウォーキングをしても相殺しきれない程の数字だそうです。



スタンディングデスクを使ったり、

1時間ごとに立ち上がる用事を作るなど、

筋肉に少しでも動きや負荷をかけることを意識してみましょう。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。