• ながおけひさし整体

座り過ぎの弊害


今回は「座り過ぎ」についてお伝えします。


シドニー大学が主要20カ国に対して行った「座位(座った状態)時間」調査で日本は平均7時間となり、

20カ国中最長でした。


しかもこの7時間はあくまでも平均値ですから、

オフィスワークの方はもっと多いはずです。


座った状態は最も筋肉を動かさない姿勢なのでふくらはぎの筋肉も停止状態で血流は悪化、

人体で一番大きな筋肉の太もも(大腿四頭筋)も動かないので代謝が下がり肥満や糖尿のリスクも高めます。


その他にもガンや生活習慣病による死亡リスクも高まるという研究結果が出ており、

具体的には、座位時間が1日4時間以下の人を基準にすると、


11時間以上の人の総死亡リスクは1.4倍!


これは、仮に週5日30分ウォーキングをしても相殺しきれない程の数字だそうです。



スタンディングデスクを使ったり、

1時間ごとに立ち上がる用事を作るなど、

筋肉に少しでも動きや負荷をかけることを意識してみましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、 お酒を飲む人ほど増えていきます。 一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、 少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった 病気や死亡率も少ないというデータも。 ただし、飲酒量が増えれば、 どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、 その点には注意が必要です。 ■お酒の適量はどのくらい? 厚生省では「純アルコールで1日平

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.