• ながおけひさし整体

★年齢と共に増える「変形性関節症」

■変形性関節症とは?


関節は軟骨の働きで滑らかに痛みなく動きますが、

この軟骨が摩耗し関節の炎症や変形が起きると、

痛みや可動域が狭くなるといった症状がでます。


患者数は2500万人以上と推定されています。


■変形性膝関節症の原因・症状・治療


年齢と共に軟骨は、弾力性を失い摩耗し関節炎を起こします(加齢変化)。


さらに体重増加は膝への負担を大きくし、炎症や変形を助長します。

初期の特徴は「歩き始めの痛み」。

動作の始めに痛み、

動きだすと緩和する傾向にあります。


そして進行と共に膝に水が溜まったり痛みが増し、

末期には外見からもわかる変形や安静時痛が起きます。

治療法は消炎鎮痛剤の内服や、

ヒアルロン酸製剤の関節内注射。


治療効果がなく生活に支障がある場合には、

人工関節置換術といった手術が行われます。


■変形性膝関節症の予防


この病気は、膝への負担を減らすことで進行を遅らせることができます。


また、水中ウォーキングや臥位・座位での足挙げ運動で、

大腿四頭筋を鍛えるのもおすすめです。

閲覧数:5回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。