• ながおけひさし整体

左回りの法則と身体の歪み

当院のブログをご覧頂きありがとうございます。


ながおけひさし整体院の院長永桶です。


今回は左周りの法則と身体の歪みについてお話させて頂きます。


そもそも左周りとは我々日本人は90%以上の人が右利きです。


これにより日本の社会は右利き用に作られています。


例えば

・駅の改札を出入りする時、右手で交通電子IC(スイカ、イコカなど)をタッチする。


・パソコンにマウスを右手でクリニックする。


・自販機でお金を入れる際に、右手でお金を入れる。


・紙を切る時に、右手でハサミを持つ。


などなど右手を多く使う事があります。


それにより私たちは右手を使うが為に、左側に重心を置いて右側を使いやすくしています。


スポーツの世界でも同じ事が言えます。


・野球でボールを打つと、打者は一塁へ走り二塁へと進む時に左回りです。


・陸上でもよーいどんで、陸上競技場を左回りで走ります。


・ハンマー投げの選手も左足を軸に、左回りで砲丸を投げます。


・フィギュアスケートでトリプルアクセル飛ぶ時は、左足を軸に右足で蹴りジャンプします。


この様にスポーツで例えるとまた解りやすく、私たちは左回りで日々生活を送っています。

右から左の動きが自然であり、得意としています。


では、次に身体の歪みについてお話させて頂きます。


我々は左を軸にして、右を多く使う生活をしているがためにある特定の4つの歪みが生じます。


①右手を多く使うことにより、右肩が内側に入り歪みます。


②右肩に引っ張られ左の肩甲骨間の背骨がバランスをとるために左側に歪みます。


➂右肩が前方に入るために、肝臓裏の背骨が前後のバランスをとるために後ろに歪みます。


④左側に重心を置くために、左の骨盤が2ミリ前方に歪みます。


ながおけひさし整体では整体・骨格調整コースで、この4つの歪みにアプローチをし歪みを整えます。


これにより慢性痛でお悩みの腰痛や膝の痛み、頭痛や肩こりなどを改善し、

今まで諦めていた○○をやってみたい、○○をしてみたいを応援します。


もし今お悩みの症状がありましたら一度ご連絡ください。


私と二人三脚で一緒に改善しましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました。


因みに今回左回りの法則について、資料はこちらになります。


私が5年間東京で大変お世話になった山根悟先生監修の「左回り健康法則」です。


閲覧数:246回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。