• ながおけひさし整体

左回りの法則と身体の歪み

当院のブログをご覧頂きありがとうございます。


ながおけひさし整体院の院長永桶です。


今回は左周りの法則と身体の歪みについてお話させて頂きます。


そもそも左周りとは我々日本人は90%以上の人が右利きです。


これにより日本の社会は右利き用に作られています。


例えば

・駅の改札を出入りする時、右手で交通電子IC(スイカ、イコカなど)をタッチする。


・パソコンにマウスを右手でクリニックする。


・自販機でお金を入れる際に、右手でお金を入れる。


・紙を切る時に、右手でハサミを持つ。


などなど右手を多く使う事があります。


それにより私たちは右手を使うが為に、左側に重心を置いて右側を使いやすくしています。


スポーツの世界でも同じ事が言えます。


・野球でボールを打つと、打者は一塁へ走り二塁へと進む時に左回りです。


・陸上でもよーいどんで、陸上競技場を左回りで走ります。


・ハンマー投げの選手も左足を軸に、左回りで砲丸を投げます。


・フィギュアスケートでトリプルアクセル飛ぶ時は、左足を軸に右足で蹴りジャンプします。


この様にスポーツで例えるとまた解りやすく、私たちは左回りで日々生活を送っています。

右から左の動きが自然であり、得意としています。


では、次に身体の歪みについてお話させて頂きます。


我々は左を軸にして、右を多く使う生活をしているがためにある特定の4つの歪みが生じます。


①右手を多く使うことにより、右肩が内側に入り歪みます。


②右肩に引っ張られ左の肩甲骨間の背骨がバランスをとるために左側に歪みます。


➂右肩が前方に入るために、肝臓裏の背骨が前後のバランスをとるために後ろに歪みます。


④左側に重心を置くために、左の骨盤が2ミリ前方に歪みます。


ながおけひさし整体では整体・骨格調整コースで、この4つの歪みにアプローチをし歪みを整えます。


これにより慢性痛でお悩みの腰痛や膝の痛み、頭痛や肩こりなどを改善し、

今まで諦めていた○○をやってみたい、○○をしてみたいを応援します。


もし今お悩みの症状がありましたら一度ご連絡ください。


私と二人三脚で一緒に改善しましょう。


最後までお読みいただきありがとうございました。


因みに今回左回りの法則について、資料はこちらになります。


私が5年間東京で大変お世話になった山根悟先生監修の「左回り健康法則」です。


216回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝