• ながおけひさし整体

寝違えたときは・・・

朝起きたら突然首が痛くて動かなくなっていた…。


こうした「寝違え」、皆さんも経験があるでしょう。


ちなみに、「寝違え」は医学用語ではありません。


医学的に説明するなら、首周辺の筋・腱などの急性炎症であり、

軽度の肉離れや捻挫を起こしているのと同じ状態です。では、

何が原因で寝違えが起こるのでしょうか。


寝ている間の不自然な姿勢や合わない寝具が直接のきっかけになることが多いですが、

首や肩周辺の筋肉が凝っている、肩甲骨が固まっている、

運動不足…といったことが根底にあります。


つまり、元から凝り固まった体が睡眠中の負荷によって、

ある日突然寝違えを起こすイメージですね。


ですから寝違えの予防としては、

普段から身体を冷やさずストレッチ(特に肩甲骨まわり)

などで筋肉をほぐしておくことが大切です。


そしてもし寝違えをおこしたら、

直後はまず患部を冷やしましょう。


間違っても温めてはいけません。


寝違えた当日に長時間お風呂に入るのも NGです。


そして無理にストレッチやマッサージをせず安静にすることが大切です。


そして少し痛みが和らいだら今度は患部を温め血行を促進させます。


寝違えの痛みは通常は2〜3日、酷くても1週間以内で治まります。


正しい対処法を理解して、

出来れば普段から首や肩甲骨周辺の筋肉に疲労を溜めないように気を付けてください。

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★コロナワクチン接種前後の過ごし方

「新型コロナワクチン接種」の副反応や接種前後の過ごし方について 内科医の木村先生に伺いました。 ■ワクチン接種にあたり 当日に発熱など体調に不安がある方は、 接種先へ相談してください。 またワクチンは2回打つことで効果が発揮されます。 接種当日と翌日を無理なくすごせるよう、 スケジュール調整してから臨みましょう。 ■ワクチン接種をした日の過ごし方 ワクチン接種部位は揉まないこと。 接種後は普通に生

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状