• ながおけひさし整体

寝違えたときは・・・

朝起きたら突然首が痛くて動かなくなっていた…。


こうした「寝違え」、皆さんも経験があるでしょう。


ちなみに、「寝違え」は医学用語ではありません。


医学的に説明するなら、首周辺の筋・腱などの急性炎症であり、

軽度の肉離れや捻挫を起こしているのと同じ状態です。では、

何が原因で寝違えが起こるのでしょうか。


寝ている間の不自然な姿勢や合わない寝具が直接のきっかけになることが多いですが、

首や肩周辺の筋肉が凝っている、肩甲骨が固まっている、

運動不足…といったことが根底にあります。


つまり、元から凝り固まった体が睡眠中の負荷によって、

ある日突然寝違えを起こすイメージですね。


ですから寝違えの予防としては、

普段から身体を冷やさずストレッチ(特に肩甲骨まわり)

などで筋肉をほぐしておくことが大切です。


そしてもし寝違えをおこしたら、

直後はまず患部を冷やしましょう。


間違っても温めてはいけません。


寝違えた当日に長時間お風呂に入るのも NGです。


そして無理にストレッチやマッサージをせず安静にすることが大切です。


そして少し痛みが和らいだら今度は患部を温め血行を促進させます。


寝違えの痛みは通常は2〜3日、酷くても1週間以内で治まります。


正しい対処法を理解して、

出来れば普段から首や肩甲骨周辺の筋肉に疲労を溜めないように気を付けてください。

閲覧数:6回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた