• ながおけひさし整体

寝起きのストレッチ






今回は「寝起きのストレッチ」をご紹介します。


期待できる効果は主に4つ。


まず1つ目が、血流UPによる代謝の向上です。


そもそも朝の運動は基礎代謝を上げる効果がある!


つまり特にダイエットしている方にオススメです。


2つ目が、肩こりや腰痛の解消。


朝おきると肩や腰が痛いという方は、

寝ているときの姿勢や寝具の状態によって

睡眠中に血流が滞って筋肉が固くなることが原因です。


起きてすぐストレッチすることで、

凝り固まった体をほぐすことができるので

寝起きの体の痛みを改善してくれます。


3つ目が、血圧の急上昇の予防。


血圧は朝起きて活動を始めた時に最も跳ね上がりやすいと言われています。


ベッドの中でストレッチしてじわじわ血流を改善してから起きることは

血圧の安定に効果的で、結果的に脳梗塞の予防にもつながります。


そして最後の4つ目が、自律神経を整えてスッキリ目覚められるということ。


ストレッチをして体を動かすと自然と交感神経が優位になり、

スッキリ目覚めるられるようになりますよ。


具体的には手軽なストレッチを3つ覚えましょう。


1つ目は、伸び!仰向けになり両手を上に伸ばして手足をぐっと伸ばします。


伸びて10秒キープして脱力、これを3回やります。


次に、腰をひねります。


仰向けで両手は横に広げ、

両肩を布団につけたまま左足を体の右側に持っていき腰をひねり10秒キープ。


逆も同様にやりましょう。


最後は手首と足首のほぐし。


これは特に血流改善に効果があり血圧変動予防につながります。


仰向けに寝たまま手首足首をぐるぐるまわしたり、

両手両足を上に持ち上げブラブラ揺らすだけです。

閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。