• ながおけひさし整体

寝起きのストレッチ






今回は「寝起きのストレッチ」をご紹介します。


期待できる効果は主に4つ。


まず1つ目が、血流UPによる代謝の向上です。


そもそも朝の運動は基礎代謝を上げる効果がある!


つまり特にダイエットしている方にオススメです。


2つ目が、肩こりや腰痛の解消。


朝おきると肩や腰が痛いという方は、

寝ているときの姿勢や寝具の状態によって

睡眠中に血流が滞って筋肉が固くなることが原因です。


起きてすぐストレッチすることで、

凝り固まった体をほぐすことができるので

寝起きの体の痛みを改善してくれます。


3つ目が、血圧の急上昇の予防。


血圧は朝起きて活動を始めた時に最も跳ね上がりやすいと言われています。


ベッドの中でストレッチしてじわじわ血流を改善してから起きることは

血圧の安定に効果的で、結果的に脳梗塞の予防にもつながります。


そして最後の4つ目が、自律神経を整えてスッキリ目覚められるということ。


ストレッチをして体を動かすと自然と交感神経が優位になり、

スッキリ目覚めるられるようになりますよ。


具体的には手軽なストレッチを3つ覚えましょう。


1つ目は、伸び!仰向けになり両手を上に伸ばして手足をぐっと伸ばします。


伸びて10秒キープして脱力、これを3回やります。


次に、腰をひねります。


仰向けで両手は横に広げ、

両肩を布団につけたまま左足を体の右側に持っていき腰をひねり10秒キープ。


逆も同様にやりましょう。


最後は手首と足首のほぐし。


これは特に血流改善に効果があり血圧変動予防につながります。


仰向けに寝たまま手首足首をぐるぐるまわしたり、

両手両足を上に持ち上げブラブラ揺らすだけです。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★コロナワクチン接種前後の過ごし方

「新型コロナワクチン接種」の副反応や接種前後の過ごし方について 内科医の木村先生に伺いました。 ■ワクチン接種にあたり 当日に発熱など体調に不安がある方は、 接種先へ相談してください。 またワクチンは2回打つことで効果が発揮されます。 接種当日と翌日を無理なくすごせるよう、 スケジュール調整してから臨みましょう。 ■ワクチン接種をした日の過ごし方 ワクチン接種部位は揉まないこと。 接種後は普通に生

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状