• ながおけひさし整体

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。

冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。

急激な温度差は、

脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、

ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。

冬になって、

入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。


■明け方は特に要注意

心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、

1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

朝、活動を開始すると自律神経の働きが大きく変わり、

発作が増える傾向にあるためです。


■興奮・ストレス状態にも注意

2006年FIFAワールドカップのとき、

試合の日に合わせるかのように、

心筋梗塞の人が増えたとの報告がありました。心臓発作を引き起こすほどの興奮・ストレスがあると考えられています。


■心疾患・脳卒中の原因を解消し、元気な冬を!

心臓発作や脳卒中の根本的な原因は、動脈硬化です。

動脈硬化の要因には、

高血圧・脂質代謝異常症・糖尿病・たばこ・家族歴があげられます。

生活習慣病が主ですので、日頃から治療していくことで、

動脈硬化の進行を遅くさせることができるでしょう。

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝