• ながおけひさし整体

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。

冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。

急激な温度差は、

脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、

ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。

冬になって、

入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。


■明け方は特に要注意

心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、

1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

朝、活動を開始すると自律神経の働きが大きく変わり、

発作が増える傾向にあるためです。


■興奮・ストレス状態にも注意

2006年FIFAワールドカップのとき、

試合の日に合わせるかのように、

心筋梗塞の人が増えたとの報告がありました。心臓発作を引き起こすほどの興奮・ストレスがあると考えられています。


■心疾患・脳卒中の原因を解消し、元気な冬を!

心臓発作や脳卒中の根本的な原因は、動脈硬化です。

動脈硬化の要因には、

高血圧・脂質代謝異常症・糖尿病・たばこ・家族歴があげられます。

生活習慣病が主ですので、日頃から治療していくことで、

動脈硬化の進行を遅くさせることができるでしょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ