• ながおけひさし整体

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる


集団感染しやすいため、

子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、

任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。


現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。


■症状や移りやすい時期


耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、

腫れ上がります。


腫れる前日~腫れて3日後までが、

もっとも他の人に移りやすい時期。


唾液腺の腫れは症状が出始めて1~2日がピークで、

食べたり飲んだりつばが出るときに痛みが強く、

1週間程度でよくなります。


■大人の場合は要注意!


大人は症状が強く出やすく、

3割の男性で精巣炎、

女性では卵巣炎にいたります。


不妊との関連はないといわれていますが、

妊婦がなると流産にいたる可能性もあるため注意が必要です。


そのほか、脳炎・無菌性髄膜炎・膵炎など合併症のリスクがあり、

稀に脳炎や髄膜炎では難聴や顔面麻痺といった後遺症が残ることもあります。

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日