• ながおけひさし整体

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因


足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、

前触れもなく突然発症することが多いです。


こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。


原因は多岐に渡りますが、

もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。


汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、

筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。


このほか、激しい運動による筋肉への負担・冷え・糖尿病などの病気も原因となります。


■どうすれば防げる?


適度な水分を摂り、筋肉を酷使しないことが大切です。


特に汗をかいた後は水分と共にミネラルが失われます。


経口補水液のようなミネラルが含まれた飲料を摂りましょう。


また、寝具の重みで足首が伸び、

ふくらはぎの筋肉が縮んだ状態が続くことでも起きやすくなります。


軽めのブランケットを使用したり、

足元に丸めたタオルを置いたり、

ふくらはぎの筋肉が縮まないような対策も有効です。


■続くときは?

糖尿病・腰椎椎間板ヘルニア・腎不全・下肢静脈瘤などの病気が原因の場合もあります。

対策をしても続くときは医療機関を受診してください。

また、芍薬甘草湯などの漢方薬もおすすめです。

9回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.