• ながおけひさし整体

夏バテ対策

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


暑さが本格的になってくると、

夏バテに悩む方が増えてきます。


東洋医学では湿気は胃腸を弱らせる大きな原因とされ、

大陸のカラッとした気候の地域に住む人に比べ日本人は

元々胃腸がそれほど強くありません。


その上、エアコンによる外気温との気温差で自律神経が乱れ、

脱水による体内のミネラル不足なども重なるので夏バテが頻発するのです。


夏バテを防ぐ基本は、自律神経が乱れないようにすることです。


室内と外気温の温度差をなるべく5度以下にする、

体を冷やし過ぎないようにぬるめのお風呂に入浴したり

冷たい物ばかり飲食しないことを心がけましょう。


適度な有酸素運動もオススメです。


熱帯夜で寝不足の場合は昼間に20分程度のお昼寝をすると随分体が楽になりますし、

体内のミネラル不足を防ぐためにも、喉が渇く前にこまめに水分補給しましょう。


胃腸がとても弱っている場合は、

胃腸をあたためて消化機能を高めてくれる漢方薬を使ってみるのも1つの方法ですよ。

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。