• ながおけひさし整体

夏バテ対策

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


暑さが本格的になってくると、

夏バテに悩む方が増えてきます。


東洋医学では湿気は胃腸を弱らせる大きな原因とされ、

大陸のカラッとした気候の地域に住む人に比べ日本人は

元々胃腸がそれほど強くありません。


その上、エアコンによる外気温との気温差で自律神経が乱れ、

脱水による体内のミネラル不足なども重なるので夏バテが頻発するのです。


夏バテを防ぐ基本は、自律神経が乱れないようにすることです。


室内と外気温の温度差をなるべく5度以下にする、

体を冷やし過ぎないようにぬるめのお風呂に入浴したり

冷たい物ばかり飲食しないことを心がけましょう。


適度な有酸素運動もオススメです。


熱帯夜で寝不足の場合は昼間に20分程度のお昼寝をすると随分体が楽になりますし、

体内のミネラル不足を防ぐためにも、喉が渇く前にこまめに水分補給しましょう。


胃腸がとても弱っている場合は、

胃腸をあたためて消化機能を高めてくれる漢方薬を使ってみるのも1つの方法ですよ。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.