• ながおけひさし整体

★四十肩・五十肩

肩を少し動かしただけで激痛が走る、

腕が上がらない…。


これらの症状は、「肩関節周囲炎」と言われるもの。

骨や靭帯などの老化によって、

肩関節の周囲に炎症が起こっている状態です。


一般的には、「四十肩」や「五十肩」と呼ばれるものですね。


この炎症が発生するメカニズムは、

実はまだあまりよく分かっていませんが、

症状は急性期・慢性期・回復期の3つに分けられます。


とにかく痛みが強く、動かさなくても痛いので夜寝るのも辛い…

といった状態が急性期。


このタイミングでは、

痛みのため肩がろくに動かせず可動域が著しく制限されます。


次に、痛みはやや治まり、

少なくとも安静時や夜間の痛みがなくなってくるのが慢性期。


そして最後、

痛みや肩の違和感が殆どなくなるのが回復期。


肩を動かせる範囲もどんどん広くなるでしょう。


通常はこのような流れをたどり、

回復すれば肩の動きもほぼ通常通りに戻る方が多いです。


ただ、中には肩関節が癒着し可動域が狭いままになってしまう場合もあります。

ですから、痛みが少し引きはじめた段階から、

リハビリの運動やストレッチをするのがオススメです。


具体的には、立った状態から前傾姿勢になり、

痛い方の腕を下にたらし、

脱力したまま前後左右にぶらぶら振り子のように動かしましょう。


回復期には、

より積極的にストレッチをすることも大切です。

7回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝