• ながおけひさし整体

★四十肩・五十肩

肩を少し動かしただけで激痛が走る、

腕が上がらない…。


これらの症状は、「肩関節周囲炎」と言われるもの。

骨や靭帯などの老化によって、

肩関節の周囲に炎症が起こっている状態です。


一般的には、「四十肩」や「五十肩」と呼ばれるものですね。


この炎症が発生するメカニズムは、

実はまだあまりよく分かっていませんが、

症状は急性期・慢性期・回復期の3つに分けられます。


とにかく痛みが強く、動かさなくても痛いので夜寝るのも辛い…

といった状態が急性期。


このタイミングでは、

痛みのため肩がろくに動かせず可動域が著しく制限されます。


次に、痛みはやや治まり、

少なくとも安静時や夜間の痛みがなくなってくるのが慢性期。


そして最後、

痛みや肩の違和感が殆どなくなるのが回復期。


肩を動かせる範囲もどんどん広くなるでしょう。


通常はこのような流れをたどり、

回復すれば肩の動きもほぼ通常通りに戻る方が多いです。


ただ、中には肩関節が癒着し可動域が狭いままになってしまう場合もあります。

ですから、痛みが少し引きはじめた段階から、

リハビリの運動やストレッチをするのがオススメです。


具体的には、立った状態から前傾姿勢になり、

痛い方の腕を下にたらし、

脱力したまま前後左右にぶらぶら振り子のように動かしましょう。


回復期には、

より積極的にストレッチをすることも大切です。

閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。

貧血は特に女性に多く、隠れ貧血の人を加えると全体で約40%、 月経がある年代に限れば半数以上の人が該当するというのですから驚きです。 症状は様々で、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、むくみ、めまい、 集中力の低下…など多種多様。 そもそも、日本は諸外国と比べても圧倒的な貧血大国です。 その主な原因が、若い頃から激しいダイエットに励む女性が多いこと。 栄養不足に加えて月経があるため、多くの人が鉄欠乏になっ