• ながおけひさし整体

★四十肩・五十肩

肩を少し動かしただけで激痛が走る、

腕が上がらない…。


これらの症状は、「肩関節周囲炎」と言われるもの。

骨や靭帯などの老化によって、

肩関節の周囲に炎症が起こっている状態です。


一般的には、「四十肩」や「五十肩」と呼ばれるものですね。


この炎症が発生するメカニズムは、

実はまだあまりよく分かっていませんが、

症状は急性期・慢性期・回復期の3つに分けられます。


とにかく痛みが強く、動かさなくても痛いので夜寝るのも辛い…

といった状態が急性期。


このタイミングでは、

痛みのため肩がろくに動かせず可動域が著しく制限されます。


次に、痛みはやや治まり、

少なくとも安静時や夜間の痛みがなくなってくるのが慢性期。


そして最後、

痛みや肩の違和感が殆どなくなるのが回復期。


肩を動かせる範囲もどんどん広くなるでしょう。


通常はこのような流れをたどり、

回復すれば肩の動きもほぼ通常通りに戻る方が多いです。


ただ、中には肩関節が癒着し可動域が狭いままになってしまう場合もあります。

ですから、痛みが少し引きはじめた段階から、

リハビリの運動やストレッチをするのがオススメです。


具体的には、立った状態から前傾姿勢になり、

痛い方の腕を下にたらし、

脱力したまま前後左右にぶらぶら振り子のように動かしましょう。


回復期には、

より積極的にストレッチをすることも大切です。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた