• ながおけひさし整体

右脳派?左脳派?

みなさんの利き手はどちらですか?利き手とはお箸やハサミを持つ方の手のこと。

さすがにこれは皆さん自覚されているでしょうでは次に、利き耳は?利き目は?・・・

こう聞かれて即座に答えられますか?利き目の調べ方は簡単です。

どちらかの手の親指と人差し指で円をつくり、出来るだけ前に出し、

少し離れたところにある物(何でもOK)がその円の中に収まるように両目で見ながら手の位置を調整してください。

場所が決まったら片目ずつつぶってみます。

対象物が円の中に見える方の目が利き目。

利き目じゃない方だと、円からずれているはずですよ。

ちなみに利き耳は、電話の受話器をいつも当てている方だと思えばOKです。

そして、この利き目・利き耳から分かるのは実はご自分の「利き脳」!右脳と左脳、どちらの脳を普段活発に使っているかということです。

結論から言うと、利き目や利き耳が右の人は「左脳」、逆の人は「右脳」。

一般的に言われるのは、右脳派の人は感覚的で空間認識力に優れている、いわゆる「直感やひらめき」が鋭い人。

一方の左脳派は、論理的・数量的・分析的に優れている、いわゆる「数字に強く論理的」な人と言われます。

あくまでも目安ですが、ご自分に当てはめてみると何となく腑に落ちる…という方もいるのでは。

こういう方法で自分の得意分野が分かるというのも何だか面白い話ですよね。

閲覧数:26回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。