• ながおけひさし整体

体調のいい状態を保つコツ・3つ

毎日を一生懸命過ごしていると、多少の無理が当たり前になってしまいがちです。

しかし、そうなると、結果として病気になってしまうことも……。

できれば体調の良い状態で過ごしたいですよね。

今回は、日頃からできる対策を3つピックアップしました。


■体を冷やさない


「冷える=血流悪化」。

血液は体に栄養を送ったり、老廃物を排出すための通路になったりと、

とても重要な働きを担っているもの。

そのため、冷えると体調が悪くなりがちです。

しっかりお風呂に浸かって、部屋の温度も調節しましょう。

3月は寒暖差も激しいので、温かい服装で過ごしてください。


■生活リズムを整える


食事や睡眠のリズムは、健康な生活の基礎。

食事では、鍋・温かい麺類・スープや生姜で体を温めたり、

冬野菜を積極的に摂るといった工夫を。

睡眠では、決まった時間に寝起きすることを心がけましょう。

また、自分に合った寝具を使用したり、

寝る前のストレッチもオススメです。


■しんどいサインを見逃さない


体は、なにかあると一生懸命「これ以上活動すると、病気になるよ!」

というサインを出してくれます。

それに気づくためには、

体調がよい状態がどんな状態であるかを自身で理解しておくことも大切。

日頃から気を付けて、

病気になりにくい健康な体を作っていきましょう。

15回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.