• ながおけひさし整体

体調のいい状態を保つコツ・3つ

毎日を一生懸命過ごしていると、多少の無理が当たり前になってしまいがちです。

しかし、そうなると、結果として病気になってしまうことも……。

できれば体調の良い状態で過ごしたいですよね。

今回は、日頃からできる対策を3つピックアップしました。


■体を冷やさない


「冷える=血流悪化」。

血液は体に栄養を送ったり、老廃物を排出すための通路になったりと、

とても重要な働きを担っているもの。

そのため、冷えると体調が悪くなりがちです。

しっかりお風呂に浸かって、部屋の温度も調節しましょう。

3月は寒暖差も激しいので、温かい服装で過ごしてください。


■生活リズムを整える


食事や睡眠のリズムは、健康な生活の基礎。

食事では、鍋・温かい麺類・スープや生姜で体を温めたり、

冬野菜を積極的に摂るといった工夫を。

睡眠では、決まった時間に寝起きすることを心がけましょう。

また、自分に合った寝具を使用したり、

寝る前のストレッチもオススメです。


■しんどいサインを見逃さない


体は、なにかあると一生懸命「これ以上活動すると、病気になるよ!」

というサインを出してくれます。

それに気づくためには、

体調がよい状態がどんな状態であるかを自身で理解しておくことも大切。

日頃から気を付けて、

病気になりにくい健康な体を作っていきましょう。

閲覧数:23回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。

貧血は特に女性に多く、隠れ貧血の人を加えると全体で約40%、 月経がある年代に限れば半数以上の人が該当するというのですから驚きです。 症状は様々で、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、むくみ、めまい、 集中力の低下…など多種多様。 そもそも、日本は諸外国と比べても圧倒的な貧血大国です。 その主な原因が、若い頃から激しいダイエットに励む女性が多いこと。 栄養不足に加えて月経があるため、多くの人が鉄欠乏になっ