• ながおけひさし整体

低気圧による体調不良

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。

梅雨時は低気圧の日が続きますが、

この低気圧、私達の体に実は大きな影響をもたらします。

多い症状としては頭痛や肩こり、

中には倦怠感という方もいるでしょう。


こうした気圧の変化による体調不良は「気象病」と呼ばれます。


その主な原因は、

気圧の変化によるストレスで自律神経が過剰に活性化してしまうこと。


自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、

急激に自律神経が活性化してしまうことで2つの神経の調整がうまくいかず、

結果的に体調不良になります。


交感神経が活発になれば 神経を刺激して痛みや筋肉の緊張が発生し、

副交感神経が活発になれば倦怠感や眠気につながります。


尚、こうした気象病は内耳が敏感な人ほど症状が出やすいと言われていて、

車酔いしやすい人がまさにそのタイプですね。


そして気象病を防ぐには、3食きちんと食べ、適度な運動やストレッチを行い、

ゆったり入浴するなど少しでもストレスを軽減する生活を送ることが大切。


そして気象病の原因となる内耳をマッサージするのがオススメです。方法は簡単で

①両耳をつまみ上・下・横に5秒ずつ引っ張る

②両耳を横に引っ張りながら後ろに5回まわす

③耳を包むように折り曲げて5秒キープ

④手の平で耳を覆い後ろに円を描くように5回まわす


…これだけです。


とても簡単ですから、天気が悪い時に是非試してみてください。

3回の閲覧

最新記事

すべて表示

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因 足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、 前触れもなく突然発症することが多いです。 こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。 原因は多岐に渡りますが、 もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。 汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、 筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。 このほか、激しい運動によ

★首の痛みと枕の関係

ぐっすり寝たのに朝起きてみたら首が痛い、 肩が凝っている…そんな経験はありませんか。 もしそうなら枕が合っていないのかもしれません。 首や肩のコリの原因は様々ありますが、 意外と枕との相性も大事。 枕は毎回、最低でも連続で6〜7時間は使うアイテムですから、 それがもし合っていないと予想以上に首や肩に悪影響があるんですね。 実は、人は寝ている時、体重の約8%もの重さが頭部にかかると言われています。

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、 「血行の促進」は重要です。 血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、 体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。 人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。 その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、 ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.