• ながおけひさし整体

低気圧による体調不良

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。

梅雨時は低気圧の日が続きますが、

この低気圧、私達の体に実は大きな影響をもたらします。

多い症状としては頭痛や肩こり、

中には倦怠感という方もいるでしょう。


こうした気圧の変化による体調不良は「気象病」と呼ばれます。


その主な原因は、

気圧の変化によるストレスで自律神経が過剰に活性化してしまうこと。


自律神経には交感神経と副交感神経がありますが、

急激に自律神経が活性化してしまうことで2つの神経の調整がうまくいかず、

結果的に体調不良になります。


交感神経が活発になれば 神経を刺激して痛みや筋肉の緊張が発生し、

副交感神経が活発になれば倦怠感や眠気につながります。


尚、こうした気象病は内耳が敏感な人ほど症状が出やすいと言われていて、

車酔いしやすい人がまさにそのタイプですね。


そして気象病を防ぐには、3食きちんと食べ、適度な運動やストレッチを行い、

ゆったり入浴するなど少しでもストレスを軽減する生活を送ることが大切。


そして気象病の原因となる内耳をマッサージするのがオススメです。方法は簡単で

①両耳をつまみ上・下・横に5秒ずつ引っ張る

②両耳を横に引っ張りながら後ろに5回まわす

③耳を包むように折り曲げて5秒キープ

④手の平で耳を覆い後ろに円を描くように5回まわす


…これだけです。


とても簡単ですから、天気が悪い時に是非試してみてください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.