• ながおけひさし整体

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。


実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、

2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。


約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。


実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。


ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。


ではそもそも、なぜ低体温になるのか。


体温が下がる要因で一般的なのは基礎代謝の低下です。


昔と比べて体を動かさない生活習慣による筋肉量の低下や、

冷暖房完備による体温調節機能の衰えなどが原因。


低体温になると、血行悪化による冷え、

太りやすいといった美容上の問題もありますが、

最大のデメリットが免疫力の低下。


体温が1度下がると免疫力は30%下がるといわれ、

その影響は甚大です。


感染症にかかりやすくなるだけでなく、

ガンの発症リスクも上がるでしょう。


体温を上げるには、運動で筋肉をつける、

入浴などで体を温める、体を温める飲食物を意識してとる…


などがおすすめですよ。

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた