• ながおけひさし整体

リンパを流そう

冬は乾燥だけでなく「むくみ」も酷くなるシーズン。


寒さで筋肉の動きが悪くなり、

体内の水分や老廃物の排出をになう静脈やリンパの流れが滞ってしまうのが、

原因と言われています。


静脈とリンパの流れは筋肉を動かせばだいぶ改善するので適度に体を動かして頂き、

更にリンパマッサージがオススメです。


リンパ管は全身に細い管で張り巡らされていて、

それが徐々に太い管にまとまり、

リンパ節を通過しながら最終的に左鎖骨下から静脈に合流し排出されます。


実は、ほぼ全身(右腕以外)のリンパは全て左鎖骨のリンパ節に集まるので、

左鎖骨は非常に大切なポイントなんです。


リンパ節は全身に約700個前後あると言われていますが、

むくみで重要なのが耳の付け根・首の付け根・鎖骨・脇の下・足の付け根・膝裏。


ここの流れが滞ると、顔や二の腕や足のむくみに影響します。


セルフケアでは自分のむくむ場所に近いリンパ節をマッサージしますが、

そこで重要なポイントが2つあります。


1つが、どこをマッサージする場合でも最初に必ず鎖骨のリンパ節を流すこと。


鎖骨のリンパ節はほぼ全てのリンパのゴールなので、

ここを流さないと全身のリンパの流れが改善されません。


そして2つ目がマッサージの力加減は「強めになでる」感じ。



強くグリグリ押さないで優しくリンパを流してあげましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.