• ながおけひさし整体

ドライマウス

突然ですがみなさん、お口の中の健康状態はいかがでしょうか。

今回のテーマはずばり、「ドライマウス」について!つまり「何らかの原因で口が乾いている状態」のことを言います。

軽度であれば「ただ乾燥する」だけですが、重度になると痛み・ただれ・出血など様々な症状を引き起こすので注意が必要です。

まず、ドライマウスに本人が気付くきっかけになる初期症状に、口のネバつき、食べ物が飲みこみにくい、口臭…などがあります。

最近、急に口臭が気になるようになったけれど特に歯周病などの問題がない場合は、ドライマウスを疑った方がいいかもしれません。

ドライマウスの原因は「薬の副作用や病気によるもの」と「身体的な変化によるもの」と「生活習慣」ありますが、

今回は身体的変化と生活習慣によるドライマウスに注目しましょう。

主な要因は、加齢による口周りの筋肉の衰えに伴う唾液量の減少や、ストレス、過度の飲酒&喫煙、

やわらかい物が多い食生活など。加齢によって口周りの筋肉が衰えるのもストレスも唾液を減らす

要因です。人はリラックスしている時に唾液が分泌されるので、

ストレスを感じる時間が長 ければ長いほど唾液分泌が少なくなってしまうんですね。

3つ目の飲酒&喫煙や最後の「柔らかい物が多い食生活」も、全て唾液の分泌が減る原因です。

そこで、出来るだけストレスの多い生活を見直しつつ、噛みごたえのある食べ物を取り入れるようにしてください。

口周りの筋肉を鍛えるのは口角を引き上げてたるみを防止するなどの美容効果も期待できるので、

ドライマウス対策だけでなく一石二鳥ですよ。




2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ