• ながおけひさし整体

ドクターから御礼状が届きました!!

こんにちは腰痛専門院ながおけひさし整体院の院長永桶です。


降り続けた雨も上がり、やっとはれましたね。





でもまだ風が強く肌寒いです。


体調管理にはお気をつけください。


先日来院頂いたDr.H.I.さんから御礼状を頂きました。


Dr.H.I.さんは東京で診療をされていられるお医者様で、


連休を使い帰省されたところに疲れが大爆発し、


車でお母さんに担がれて来院されました。


背中から首周辺の筋肉がガチガチに硬く、


数日前に捻挫した足関節から骨盤、背骨のゆがみが診られました。


まずは皮膚にスキンロールで遊びをつけ、


筋肉をゆるめて、


最後は関節に動きをつけると、


見違えるほど元気になられ、なんと当日は自宅まで歩いて帰られました。


2日目に来院されたときは、表情のこわばりもとれて見違えるほど笑顔でした。


整体・骨格調整にアイケアとフットケアをされて、全身まんべんなく施術をすると、


なんと完璧に疲労がとれて、「明後日からの診療が不安だったけど、これなら安心して診療に取り組めます」と喜んでいただけました。


そんななか本日の朝にメールを頂き、読んでみると御礼のご挨拶をわざわざいただきました。


Dr.H.I.さんから頂いた文面を記載させていただきます。

永桶 尚志先生 御机下


先日は連日に渡るきめ細やかな施術、深謝致します。


医師という仕事柄、心身共に激務であるにも関わらず、セルフケアを怠っており、


東京でも複数の治療院や整形外科にも通ったのですが、中々定期的に通えない事もあり、


慢性的な全身疲労で我慢しておりました。


然し乍ら、お蔭様で、素の自分を取り戻し、


適切なセルフケアのご指導(特にトリガーポイントは 小職も不勉強な部位もあり勉強になりました)及び、


芸術的とも言える施術のお蔭で、以前の様なパフォーマンスが仕事で出せるようになりました。


心から感謝申し上げます。


また、帰省の際や両親、友人等のケアもご多忙かと存じますが、


御依頼する事があるかと存じますが、その節は何卒宜しくお願い申し上げます。


Dr.H.I. 拝


素敵なお手紙を頂き、朝から自信と嬉しさで心がいっぱいになりました。


本当にこの職業を選んで良かったなと思います。


さて本日も元気に営業中です。


〒790-0911

愛媛県松山市桑原4-10-30

☎089-950-4399

✉nagaokeseitaiin@gmail.com 

https://nagaokeseitaiin.wixsite.com/nagaoke

#松山市

#桑原#整体院

#カイロプラクティック

#慢性疲労症候群

#伊予銀行桑原支店向かい

#東雲女子大学向かい

#御礼状

#感謝

#お手紙

閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。

貧血は特に女性に多く、隠れ貧血の人を加えると全体で約40%、 月経がある年代に限れば半数以上の人が該当するというのですから驚きです。 症状は様々で、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、むくみ、めまい、 集中力の低下…など多種多様。 そもそも、日本は諸外国と比べても圧倒的な貧血大国です。 その主な原因が、若い頃から激しいダイエットに励む女性が多いこと。 栄養不足に加えて月経があるため、多くの人が鉄欠乏になっ