• ながおけひさし整体

★コロナワクチン接種前後の過ごし方

「新型コロナワクチン接種」の副反応や接種前後の過ごし方について

内科医の木村先生に伺いました。


■ワクチン接種にあたり


当日に発熱など体調に不安がある方は、

接種先へ相談してください。

またワクチンは2回打つことで効果が発揮されます。

接種当日と翌日を無理なくすごせるよう、

スケジュール調整してから臨みましょう。


■ワクチン接種をした日の過ごし方


ワクチン接種部位は揉まないこと。

接種後は普通に生活できますが、

入浴時に接種部位を強くこすらないように気をつけてください。

また、当日は飲酒、

激しい運動は避けることをおすすめします。


■ワクチンの副反応


副反応が出る方もいれば、

まったく出ない方もいますが、

副反応の大半は翌日ないしは数日以内に回復します。

一番多いのは接種部位の痛み、疲労、頭痛で、発熱や下痢症状がでる方もいます。

非常にまれにおこる重篤なアレルギー反応(アナフィラキシー)を含め、

アレルギー反応の多くは接種後15分以内に起こるため、

接種後15~30分は接種場所で経過をみることになっています。

閲覧数:59回0件のコメント

最新記事

すべて表示

頭痛にも種類がありますが、 長時間のスマホやパソコン使用で首が前傾姿勢になり、 首や肩の筋肉が緊張することで起こるのが「緊張型頭痛」。 予防には、姿勢を改善して首から肩への負荷を減らし、 筋肉にたまった緊張を普段からほぐすことが大切です。 是非普段からケアして頂きたいと思いますが、 それでも頭痛が起きてしまうことはありますよね。 そこで今回は、緊張型頭痛が起きた時に、 その場ですぐできる対処法をご

最近、歩く時に足の裏が痛む…。 特に朝の1歩目の痛みが酷い…。 そんな症状がある方は「足底筋膜炎(=足底腱膜炎)」かもしれません。 私達の足裏には、 指の付け根から踵までをつなぐ足底腱膜という分厚い膜があります。 この膜は普段、土踏まずを支え、 足裏への衝撃を和らげる働きをしてくれるもの。 そんな足底腱膜に炎症がおこると、 足裏に強い痛みが出るのです。 多くはリハビリやサポーターなどで治療しますが

■逆流性食道炎とは? 逆流性食道炎とは、 おもに胃酸を含む胃内容物が食道内に逆流し長時間停滞することで、 食道粘膜が刺激され粘膜障害が生じた状態をいいます。 人口の10%~20%にみられる頻度の高い疾患で、 食道腺癌のリスクともなります。 近年では、逆流性食道炎も生活習慣病のひとつと考えられており、 生活習慣を改めることで改善が期待されるようになりました。 ■まずは、正しい生活習慣から! 肉・乳製