• ながおけひさし整体

★コロナワクチン接種前後の過ごし方

「新型コロナワクチン接種」の副反応や接種前後の過ごし方について

内科医の木村先生に伺いました。


■ワクチン接種にあたり


当日に発熱など体調に不安がある方は、

接種先へ相談してください。

またワクチンは2回打つことで効果が発揮されます。

接種当日と翌日を無理なくすごせるよう、

スケジュール調整してから臨みましょう。


■ワクチン接種をした日の過ごし方


ワクチン接種部位は揉まないこと。

接種後は普通に生活できますが、

入浴時に接種部位を強くこすらないように気をつけてください。

また、当日は飲酒、

激しい運動は避けることをおすすめします。


■ワクチンの副反応


副反応が出る方もいれば、

まったく出ない方もいますが、

副反応の大半は翌日ないしは数日以内に回復します。

一番多いのは接種部位の痛み、疲労、頭痛で、発熱や下痢症状がでる方もいます。

非常にまれにおこる重篤なアレルギー反応(アナフィラキシー)を含め、

アレルギー反応の多くは接種後15分以内に起こるため、

接種後15~30分は接種場所で経過をみることになっています。

閲覧数:54回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。