• ながおけひさし整体

★“コロナうつ”の予防&改善方法

新型コロナの世界的流行で、

人と会えない疎外感・感染することへの不安や恐怖・

罹患したときの社会的ストレスなどによって、

うつ病になる方がいます。


そこで今回は“新型コロナうつ”の予防法や、

改善方法をご紹介します。


■うつ病の原因


「セロトニン」の減少が、うつ病の原因のひとつです。


セロトニンは感情や意欲を司る脳の働きに関わっており、

セロトニンの調節ができなくなると、

いつも通りに感情や意欲をコントロールできなくなります。


■セロトニンを増やそう!


セロトニンを増やすには、起床時の行動が重要。


まず朝起きたらカーテンを開けて日差しを浴びること。


そして可能であれば、

そのまま朝日を浴びながら30分程度散歩ができると完璧です。


■うつになってしまったら


朝起きる時間と寝る時間を一定にするとセロトニンが増え、

うつ病が改善していきます。


寝る2時間前にお風呂に入り、

1時間前にはスマートフォンからの情報を遮断しましょう。


ただし、ベッドの中で一定時間眠れない場合には、

そのまま眠ろうとせず起きて眠気を待つのもおすすめです。

6回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ