• ながおけひさし整体

オススメなカイロ使い方

寒がりの方にとっての冬の強い味方がカイロ!冬の定番アイテムですが、

カイロをきちんと使いこなせていますか?


まず1枚のカイロで最大限に身体を温めたければ、

首を前に倒した時に出る首の根元の骨のすぐ下、

「大椎」というツボに貼りましょう。


ここは体の熱を生み出すツボなので1枚貼るだけで全身が温まります。


おへその下にも同様に全身を温めるツボがあるので、

そちらに貼ってもOK!また、意外にもオススメなのが耳です。


耳から側頭部にかけての血流が改善すると、

頭痛やめまいの軽減につながるだけでなく、

副交感神経が高まるのでリラックスや高血圧の予防効果も期待できます。


カイロを耳の表と裏に数分あてたり耳あてで挟むだけでもOK。


是非やってみてください。


そしてカイロは体以外を温めることにも使えます。


おにぎりなどにカイロを添え袋に入れておくだけで数時間後でもホカホカ。


こんな使い道も含め、

カイロを使いこなして冬を

快適に過ごしましょう。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ