• ながおけひさし整体

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、

お酒を飲む人ほど増えていきます。


一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、

少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった

病気や死亡率も少ないというデータも。


ただし、飲酒量が増えれば、

どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、

その点には注意が必要です。


■お酒の適量はどのくらい?


厚生省では「純アルコールで1日平均20g程度」を

節度ある適度な飲酒量と定めています。


具体的には、日本酒1合・ビール中ビン1本・チュウハイ

(7%)350ml缶・ワイン2杯がちょうどいい量です。


■寝酒はダメ!


寝る前のアルコールは、夜中に起きてしまう中途覚醒の原因になります。

利尿作用もあり、夜中のトイレの原因にも。

晩酌をする場合は、

寝る前に酔いが冷めるよう量や時間を調整しておきましょう。


■アルコールと上手に付き合う


節度ある飲酒は病気の割合も減り、

悪いことばかりではありません。


赤くなりやすい人はお酒に弱い、

男性より女性のほうが許容量が少ないなど、

体質によってお酒に強い弱いというのもありますので、

自身にあった飲み方でお酒の席を楽しんでください。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝