• ながおけひさし整体

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、

お酒を飲む人ほど増えていきます。


一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、

少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった

病気や死亡率も少ないというデータも。


ただし、飲酒量が増えれば、

どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、

その点には注意が必要です。


■お酒の適量はどのくらい?


厚生省では「純アルコールで1日平均20g程度」を

節度ある適度な飲酒量と定めています。


具体的には、日本酒1合・ビール中ビン1本・チュウハイ

(7%)350ml缶・ワイン2杯がちょうどいい量です。


■寝酒はダメ!


寝る前のアルコールは、夜中に起きてしまう中途覚醒の原因になります。

利尿作用もあり、夜中のトイレの原因にも。

晩酌をする場合は、

寝る前に酔いが冷めるよう量や時間を調整しておきましょう。


■アルコールと上手に付き合う


節度ある飲酒は病気の割合も減り、

悪いことばかりではありません。


赤くなりやすい人はお酒に弱い、

男性より女性のほうが許容量が少ないなど、

体質によってお酒に強い弱いというのもありますので、

自身にあった飲み方でお酒の席を楽しんでください。

1回の閲覧

最新記事

すべて表示

★暖房器具

これから、いよいよ本格的に暖房器具のお世話になる季節。 広範囲を効率よく温めるならエアコンやファンヒーター、 温まるスピード重視の方にはファンヒーターがオススメです。 ただ、ファンヒーターは空気が汚れるのと、 湿度が上がり結露ができやすいのが欠点。 一方のエアコンは、 空気は汚れませんが風が出るのと乾燥しやすいのが欠点です。 こうした空気の汚れや風を嫌う方は、 オイルヒーターやパネルヒーターがいい

★むくみの原因は?

むくみは日常的によく生じる症状のひとつ。 その多くは、日常生活上の習慣によって引き起こされます。 一方、頑固なむくみは、病気が原因であることも少なくありません。 ■「むくみ」はなぜ起こる? 私たちの身体は、 60兆個もの細胞でできていて、 細胞と細胞の間は間質液と呼ばれる水分で埋められています。 この間質液の量が増えた状態がむくみ。 間質液の量は細胞や血管、 リンパ管を行き来することで調節されます

★夜中に足がつる原因と対策

■足がつる原因 足のつりは、ふくらはぎなどの筋肉がけいれんした状態を指し、 前触れもなく突然発症することが多いです。 こむら返りと呼ばれ、非常に強い痛みを伴うのが特徴。 原因は多岐に渡りますが、 もっとも多い原因がミネラルバランスの乱れや水分不足です。 汗をかいたり、下痢や発熱などで水分が失われたりするとミネラルバランスが乱れ、 筋肉の過度な収縮が起こりやすくなるのです。 このほか、激しい運動によ

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.