• ながおけひさし整体

★アルコールは体にいい?悪い?

医学的に見ると高血圧や高脂血症などの病気は、

お酒を飲む人ほど増えていきます。


一方で、お酒をまったく飲まない人と少量飲む人をくらべると、

少量飲む人の方が虚血性心疾患・脳梗塞・Ⅱ型糖尿病といった

病気や死亡率も少ないというデータも。


ただし、飲酒量が増えれば、

どの病気のリスクも死亡率も高くなっているため、

その点には注意が必要です。


■お酒の適量はどのくらい?


厚生省では「純アルコールで1日平均20g程度」を

節度ある適度な飲酒量と定めています。


具体的には、日本酒1合・ビール中ビン1本・チュウハイ

(7%)350ml缶・ワイン2杯がちょうどいい量です。


■寝酒はダメ!


寝る前のアルコールは、夜中に起きてしまう中途覚醒の原因になります。

利尿作用もあり、夜中のトイレの原因にも。

晩酌をする場合は、

寝る前に酔いが冷めるよう量や時間を調整しておきましょう。


■アルコールと上手に付き合う


節度ある飲酒は病気の割合も減り、

悪いことばかりではありません。


赤くなりやすい人はお酒に弱い、

男性より女性のほうが許容量が少ないなど、

体質によってお酒に強い弱いというのもありますので、

自身にあった飲み方でお酒の席を楽しんでください。

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ