• ながおけひさし整体

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、

「血行の促進」は重要です。


血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、

体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。


人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。


その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、

ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に戻す力が弱くなり、

結果的に全身の血流が悪化します。


だからこそ、ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれるんですね。


つまり、ふくらはぎの筋肉を動かす事とほぐす事はとても大切。


ふくらはぎの筋肉を動かすストレッチは、

座った状態でつま先を床につけたまま踵を上げて降ろすだけ。


同じように、今度は踵を床につけてつま先だけを上げて降ろします。


どちらもゆっくり20回を目安にやってください。


次に、ふくらはぎのマッサージです。


仰向けに寝て両ひざを立て、

片方の膝にもう片方の足のふくらはぎを乗せます。


乗せたふくらはぎを膝に押し付けながら揺するように動かしてマッサージしてください。


強さは痛気持ちいいくらいが目安。


乗せる足を移動させながら、

足首近くから膝裏の近くまでほぐしていきます。


乗せた足の重さを利用しているので、

寝ながら簡単にできますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★なぜ胃もたれになるの?

■胃もたれが起きる理由とは? 食事に対して胃の消化能力が追いつかない、 胃のぜん動運動がうまくいかない、 胃の壁が胃酸に負けて荒れているといったことが起きると、 胃もたれがおこります。 単純に食事量が多い場合もありますし、 冷たいものや、 揚げ物などの脂っこい食べ物を摂ることでも胃もたれが起きます。 年を重ねるごとに消化能力は低下していくため、 若いときにくらべると、 加齢とともに胃もたれしやすく

★大人もかかる「おたふく風邪」

■定期摂取への動きが進んでいる 集団感染しやすいため、 子どもの予防接種スケジュールに組み込まれ、 任意接種ワクチンとして2回の摂取が推奨されています。 現在は、早期定期接種化の要望書が出されています。 ■症状や移りやすい時期 耳から顎の下あたりの耳下腺や唾液腺がウイルス感染することで起こり、 腫れ上がります。 腫れる前日~腫れて3日後までが、 もっとも他の人に移りやすい時期。 唾液腺の腫れは症状

★5月病はなぜ起きる?

■5月病の症状 イライラ・無気力・不安といった心の症状のほか、 疲れやすい・食欲がない・めまい・頭痛・ 動悸などの身体の症状もあります。 ■5月病の原因は 日本は4月が年度切り替わりのため、 環境の変化や、天候や気温の変化が激しいことなども原因。 新しい環境でのストレスに3・4月に 晒された疲労が自律神経の不調につながるのです。 ■5月病の対処法 まずは朝食を摂って、運動の機会を持つことから! 朝