• ながおけひさし整体

★ふくらはぎで血行改善

疲労回復や肩こりなどの予防のためにも、

「血行の促進」は重要です。


血行促進には運動や入浴など色々な方法がありますが、

体の中で全身の血行に与える影響がとても大きい部位が「ふくらはぎ」。


人間は足先まで届けられた血液を重力に逆らって心臓まで戻さなければなりません。


その際、ふくらはぎがポンプの働きをして静脈の流れを促進するのですが、

ふくらはぎの筋肉の動きが鈍くなるとポンプ機能が低下し血流を心臓に戻す力が弱くなり、

結果的に全身の血流が悪化します。


だからこそ、ふくらはぎは「第二の心臓」とも呼ばれるんですね。


つまり、ふくらはぎの筋肉を動かす事とほぐす事はとても大切。


ふくらはぎの筋肉を動かすストレッチは、

座った状態でつま先を床につけたまま踵を上げて降ろすだけ。


同じように、今度は踵を床につけてつま先だけを上げて降ろします。


どちらもゆっくり20回を目安にやってください。


次に、ふくらはぎのマッサージです。


仰向けに寝て両ひざを立て、

片方の膝にもう片方の足のふくらはぎを乗せます。


乗せたふくらはぎを膝に押し付けながら揺するように動かしてマッサージしてください。


強さは痛気持ちいいくらいが目安。


乗せる足を移動させながら、

足首近くから膝裏の近くまでほぐしていきます。


乗せた足の重さを利用しているので、

寝ながら簡単にできますよ。

最後までお読みいただきありがとうございました。

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

★口内炎

冬は、実は口内炎ができやすい季節です。 口内炎にはいくつか種類がありますが、 その中で最も多いのが「アフタ性口内炎」。 これは、ストレスや睡眠不足、 栄養不足(ビタミンB群)で免疫力が下がった時にできるもの。 白い潰瘍(アフタ)ができて痛みも伴います。 そもそも、なぜ冬に口内炎が増えるのかというと、 口の中も乾燥してしまうから。 私達の口の中は、 本来1日に1.5〜2Lもの唾液が分泌され潤った状態

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.