• ながおけひさし整体

なで肩といかり肩

肩こりの予防や改善には正しい姿勢と適度な運動とストレッチが有効なことはご存知でしょう。


ただ、肩こりに関して言えば、もう1つ意識すべきポイントがあります。


それが、「なで肩」か「いかり肩」か。


肩のラインの違いによって、肩こり解消のためにやるべきことが違う!というのがポイントです。


いかり肩は、腕や肩を持ち上げる僧帽筋の上部繊維と、

肩甲骨を上に引き上げる肩甲挙筋が縮まって硬直しています。


一方のなで肩は、僧帽筋上部繊維の筋力が低下し伸びてしまい、

腕の重さに負けて肩が下がった状態。


よく「なで肩の人は肩がこらない」と言われますが、

凝り方のタイプが違うだけで実はどちらも肩がこっています。


ただ、いかり肩は筋肉が硬直しているため凝りを感じやすく、

マッサージにも気持ちよさを感じやすいのです。


一方のなで肩は、逆に僧帽筋が伸びてしまっているのでマッサージすると状態が悪化するだけでなく、

気持ちよさを感じにくいため「肩が凝っていない」と誤解するのでしょう。


適したストレッチは、いかり肩の人は頭を横に倒し耳を肩に近づけながら顎を少し上げて、僧帽筋上部を伸ばします。


なで肩の人は、肘を90度の角度に曲げて腕を開き、

肘と肩の角度を変えないように肩甲骨ごと腕を上げて3秒キープを20回。


これで僧帽筋上部繊維を鍛えるのがオススメです。

閲覧数:684回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた