• ながおけひさし整体

なで肩といかり肩

肩こりの予防や改善には正しい姿勢と適度な運動とストレッチが有効なことはご存知でしょう。


ただ、肩こりに関して言えば、もう1つ意識すべきポイントがあります。


それが、「なで肩」か「いかり肩」か。


肩のラインの違いによって、肩こり解消のためにやるべきことが違う!というのがポイントです。


いかり肩は、腕や肩を持ち上げる僧帽筋の上部繊維と、

肩甲骨を上に引き上げる肩甲挙筋が縮まって硬直しています。


一方のなで肩は、僧帽筋上部繊維の筋力が低下し伸びてしまい、

腕の重さに負けて肩が下がった状態。


よく「なで肩の人は肩がこらない」と言われますが、

凝り方のタイプが違うだけで実はどちらも肩がこっています。


ただ、いかり肩は筋肉が硬直しているため凝りを感じやすく、

マッサージにも気持ちよさを感じやすいのです。


一方のなで肩は、逆に僧帽筋が伸びてしまっているのでマッサージすると状態が悪化するだけでなく、

気持ちよさを感じにくいため「肩が凝っていない」と誤解するのでしょう。


適したストレッチは、いかり肩の人は頭を横に倒し耳を肩に近づけながら顎を少し上げて、僧帽筋上部を伸ばします。


なで肩の人は、肘を90度の角度に曲げて腕を開き、

肘と肩の角度を変えないように肩甲骨ごと腕を上げて3秒キープを20回。


これで僧帽筋上部繊維を鍛えるのがオススメです。

680回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ