• ながおけひさし整体

★これって関節リウマチ?

■関節リウマチの症状


関節リウマチでは、

関節が腫れて痛んだり、

朝に手が動かしにくい、

握りにくいといった、

こわばりが起きます。


また体で炎症が起こるため、

微熱、体重減少、

疲れやすくなることもあり、

ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。


ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、

関節リウマチの診断基準には

「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。


■関節が痛いと関節リウマチなの?


関節リウマチになると関節が痛くなりますが、

関節が痛い人が全員、関節リウマチというわけではありません。


関節リウマチの診断で大切なことは、

最低1つの関節に腫れがあることです。


ですので、たとえ全身の関節が痛くても、

ひとつも関節が腫れていなければ関節リウマチではありません。


■関節が腫れているかはどう判断するの?


怪我をした覚えもないのに、

つき指みたいに指が腫れている場合は、

関節が腫れていると考えてよいでしょう。


そうした症状があり気になるようであれば、

リウマチ科を掲げている整形外科や内科を受診してみてください。




閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた