• ながおけひさし整体

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか?


ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、

何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。


仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。


中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。


まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、

チェックしてみましょう。


①「1日で座っている時間が長く、長時間座りっぱなしが多い」


②「普段ほとんど運動をしない」


③「体が沈むような柔らかいマットレスや布団で寝ている」


④「普段からハイヒールなど歩きにくい靴を履いている」


⑤「滅多に湯船につからない」…。


いかがでしょうか。


ご自分の生活で、

思いあたることはありましたか?


該当する項目が多いほど腰に負担がかかり、

筋肉が緊張しています。


現時点で腰痛があるなら、

今のうちにストレッチや生活習慣を見直して、

ぎっくり腰発症まで悪化させないようにしていきましょう。


閲覧数:12回0件のコメント

最新記事

すべて表示

香りには記憶を呼び起こす力と、 癒しなどの感情を誘導する力があり、 これを治療に応用したのがアロマセラピーです。 みなさんは、アロマオイルの香りが痛みを和らげることをご存知ですか? 痛みと香りの刺激が同時に加わると、 痛み単独の時と比較して、 感じる痛みの程度が軽減されることが分かっています。 また、整形外科のリハビリテーションにアロマを取り入れて、 患者さまの満足感が向上したとの報告もあります。

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。