• ながおけひさし整体

★ぎっくり腰

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。

医学的には「急性腰痛」という病名で、

腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、

なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、

画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。


■ぎっくり腰を予防するには


患者さんに話を聞くと、

前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。

前屈みの姿勢では、

立位時にくらべ2〜2.5倍程度の負荷が腰にかかるといわれています。

重い物を持ち上げるときには中腰ではなく、

しっかりしゃがんでから持ち上げることを意識してみてください。


■ぎっくり腰の治療


痛みが強い最初の1、2日は安静に過ごすのが良いでしょう。

ただし、安静にしすぎるとその後の回復が遅れることがわかっています。

急激な痛みが過ぎた後は、

可能な範囲で少しずつ動くようにしてみてください。

また、安静時でも強い腰痛がある場合や、足のしびれ、

発熱など全身症状があるときは、

脊椎の感染や脊髄神経に影響する異常の可能性もあるため、

医療機関を受診することをおすすめします。



閲覧数:8回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた