• ながおけひさし整体

『筋膜』とは?

腰痛専門院ながおけひさし整体院、院長の永桶です。


肩こりにお悩みの方なら「筋膜」という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、

この「筋膜」、具体的にどんなものかご存知ですか?


筋膜とは、筋肉や内臓など体の様々な器官を包んでいる薄い膜状の組織のこと。

この筋膜は本来ならストッキングのように伸び縮みする柔らかい組織ですが、

機能不全をおこすと硬くなり最終的に癒着を起こします。


こうなると血流は悪化し老廃物が蓄積、自然治癒ではなかなか元に戻りません。


そして筋膜が癒着した部分には「トリガーポイント」という痛みや痺れを誘発する部位が生まれやすくなります。


では筋膜が硬くなる原因は何か。


その最大の原因は「運動不足」です。


筋膜はじっと動かないでいると血流不足になり、

それを補うために筋膜の繊維を増やそうとします。


それでも動かさないでいると、

今度は増えた繊維がそのままいびつに固まり肥大化、

最後には癒着してしまいます。


そんな筋膜の癒着を防ぐためにオススメなのが、

体を温めることとストレッチです。


それも、今痛くて凝っているところだけでなく、

全身もれなくストレッチしましょう。


目指すべきは、



筋膜の癒着を改善するだけでなく、

そもそも筋膜を固くしないこと。


予防のためにも是非全身ストレッチをしてください。


そして筋膜の主成分であるコラーゲンは温めると柔らかくなる性質があるので、

お風呂で温まってからストレッチするとより効果的ですよ。

2回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★低体温のリスク

近は、低体温の人が増えてきました。 実際、1957年の調査では日本人の平熱の平均は36.89度でしたが、 2008年では大人が36.1度、子供で36.4度が平均。 約50年で、全体として平熱が下がっているのが分かります。 実は、低体温が何度からを指すのか明確な定義はありません。 ただ、35.5度を下回る場合は確実に低体温とされますので参考にしてください。 ではそもそも、なぜ低体温になるのか。 体温

★「五十肩」の症状&治療法

■五十肩とは? 俗にいう五十肩は、 肩関節を構成する周囲組織が加齢や肩を酷使することで炎症を起こし、 痛みや肩を動かしにくくなる状態のこと。 ひどくなると周囲組織が癒着し、 肩関節の動きが悪くなる「凍結肩」になります。 痛みで様々な動作が出来なくなり、 就寝時の夜間痛も特徴的な症状のひとつです。 ■五十肩の治療 痛みが強い炎症期には、 安静が大切ですが、 まったく動かさないでいると「拘縮」といって

★首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方へ

首や肩の凝りを感じる方の中には、 首後ろの付け根にぽっこりお肉がついている方がいらっしゃいます。 ここにぽっこりお肉がついてしまうと、 背中のラインが丸くなるので猫背が目立つだけでなく、 太って見えるのと老けても見えてしまいます。 そもそも、ここがぽっこり膨らんでしまう原因は姿勢の悪さ。 長時間の前傾姿勢によってストレートネックになると、 首うしろの筋肉が硬くなります。 その結果リンパや血行の流れ