• ながおけひさし整体

★「テニス肘」とは?

テニス肘とは?


手首を反らす筋肉である短橈側手根伸筋(たんとうそくしゅこんしんきん)が、

肘の骨の付着部で炎症を起こし、

肘の外側が痛くなった状態です

加齢に伴い硬くなった腱(けん)に、

繰り返しストレスがかかることで起こります。

テニスのバックハンドでボールを打つ動きで

この筋肉への負担が過剰になるためテニス肘と呼ばれますが、

手をよく使う人であれば誰でもなる可能性があります。


■テニス肘の症状


肘を動かさなければ痛くありません。

手でモノを掴んで持ち上げようとしたり、

タオルを絞ったりすると、

肘の外側から前腕にかけて痛くなります。

特に、手首を反らすような動きで痛みが現れます。


■テニス肘の治療


安静が一番の治療です。

安静にするのが難しい場合は、

テニス肘用のバンド(エルボーバンド)を使用して、

手の筋肉にかかる負担を減らすとよいでしょう。

また、筋肉が硬い状態が続くと悪化しやすいので、

毎日手首を倒したり反らせたりするようなストレッチで、

筋肉を緩めてあげましょう。


閲覧数:3回0件のコメント

最新記事

すべて表示

日頃から長時間スマホを触っている人の多くは、 知らず知らずのうちに「ストレートネック」になりがち。 別名「スマホ首」とも言われますが、 軽く俯いて首が前に出た状態のことです。 ストレートネックがもたらす悪影響は、肩こりの悪化、 ドライアイ、自律神経の乱れなど様々。 そしてなんと二重顎の原因にもなるのです。 特に太っていないのに二重顎になる人は、 もしかしたらストレートネックが原因かもしれません。

■へバーデン結節とは? 人差し指から小指にかけての第1関節(DIP関節)が赤く腫れたり、 曲がったりして、痛みを伴うこともしばしばある症状。 40代以降、特に高齢の女性に多くみられます。 ■へバーデン結節の原因 原因はわかっていませんが、 よく膝で痛みの原因となる「変形性関節症」と考えられています。 つまり指の関節の軟骨がすり減っている状態で、 手をよく使う人がなりやすい傾向にあります。 主に人差

普段からリュックを愛用している方は多いかと思います。 重い荷物も左右均等、 且つ背中全体に負担を分散させることで、 肩や腰への負荷を軽減してくれるリュック。 しかし実際には選び方や使い方を間違えてしまい、 肩こりを悪化させる方が後を絶ちません。 1つ目は肩紐の太さ。 肩紐が細いと荷物の重さが分散されず、 肩の1点に重さが集中して肩こりの原因になります。 次が肩紐の長さ。 肩紐を長くして荷物を腰あた