• ながおけひさし整体

「いびき」の原因と対策とは?

皆さんはご自身や家族のいびきで困ったことはありませんか?



いびきは主に男性に多い症状ですが、

女性も更年期をすぎると悩まされるもの。


これは女性ホルモンの減少によるもので、

女性ホルモンにより上気道開大筋という上気道を開いて維持しようとする筋肉の働きを活発にさせていたものが衰えてくることが原因です。


そもそも「いびき」の原因は主に2つに分かれます。


1つが、鼻づまりや飲酒などが原因でおこる一時的なもの。


やっかいなのはもう一方で、

睡眠時無呼吸症候群といった病気が原因のもの。


こちらは放置すると将来的に心筋梗塞や脳卒中を起こす確率が上がるだけでなく、

日中の急な眠気により事故をおこしたり仕事に悪影響が出ることがあります。


まず、いびきを引き起こしやすい人には主にいくつかのタイプがあります。


①首が太くて短い

②下あごが小さい

③舌が大きい

④太っている

⑤仰向けで寝る

⑥普段から口呼吸をしている


…の6つ。


口呼吸は自分で治すことができるので意識してみるといいですよ。


では最後に、いびきの治療について。


いびきは、まず最初に鼻の不調が原因かどうかを見ます。


もしそうなら耳鼻科へ行きましょう。


鼻に異常がなければ、

次は一過性の原因かどうかの判断です。


つまり、飲酒・喫煙・寝具や寝相の不具合・肥満など。


そして最後に、これまでのどれでもなかった場合は

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」を疑われ、

程度が軽ければマウスピース、

中程度から重度の場合はCPAPという装置をつけて治療します。


いびきは将来的に命にかかわる病気を引き起こす危険につながるので

是非ご自分の睡眠を見直してみてください。

閲覧数:60回0件のコメント

最新記事

すべて表示

急に起こる強い腰痛「ぎっくり腰」。 医学的には「急性腰痛」という病名で、 腰回りの筋肉や脊椎の骨・軟骨・椎間板などに、 なんらかの負荷がかかり痛みが出ると考えられていますが、 画像検査では明らかな異常が見られないことがほとんどです。 ■ぎっくり腰を予防するには 患者さんに話を聞くと、 前屈みや中腰の姿勢がきっかけになっていることが多いようです。 前屈みの姿勢では、 立位時にくらべ2〜2.5倍程度の

■関節リウマチの症状 関節リウマチでは、 関節が腫れて痛んだり、 朝に手が動かしにくい、 握りにくいといった、 こわばりが起きます。 また体で炎症が起こるため、 微熱、体重減少、 疲れやすくなることもあり、 ひどくなると肺や腎臓に合併症をきたすこともあります。 ただし関節は怪我でも一時的に腫れるものなので、 関節リウマチの診断基準には 「関節の腫れが6週間以上続くこと」というものが入っています。

貧血は特に女性に多く、隠れ貧血の人を加えると全体で約40%、 月経がある年代に限れば半数以上の人が該当するというのですから驚きです。 症状は様々で、動悸、息切れ、頭痛、倦怠感、むくみ、めまい、 集中力の低下…など多種多様。 そもそも、日本は諸外国と比べても圧倒的な貧血大国です。 その主な原因が、若い頃から激しいダイエットに励む女性が多いこと。 栄養不足に加えて月経があるため、多くの人が鉄欠乏になっ