• ながおけひさし整体

「いびき」の原因と対策とは?

皆さんはご自身や家族のいびきで困ったことはありませんか?



いびきは主に男性に多い症状ですが、

女性も更年期をすぎると悩まされるもの。


これは女性ホルモンの減少によるもので、

女性ホルモンにより上気道開大筋という上気道を開いて維持しようとする筋肉の働きを活発にさせていたものが衰えてくることが原因です。


そもそも「いびき」の原因は主に2つに分かれます。


1つが、鼻づまりや飲酒などが原因でおこる一時的なもの。


やっかいなのはもう一方で、

睡眠時無呼吸症候群といった病気が原因のもの。


こちらは放置すると将来的に心筋梗塞や脳卒中を起こす確率が上がるだけでなく、

日中の急な眠気により事故をおこしたり仕事に悪影響が出ることがあります。


まず、いびきを引き起こしやすい人には主にいくつかのタイプがあります。


①首が太くて短い

②下あごが小さい

③舌が大きい

④太っている

⑤仰向けで寝る

⑥普段から口呼吸をしている


…の6つ。


口呼吸は自分で治すことができるので意識してみるといいですよ。


では最後に、いびきの治療について。


いびきは、まず最初に鼻の不調が原因かどうかを見ます。


もしそうなら耳鼻科へ行きましょう。


鼻に異常がなければ、

次は一過性の原因かどうかの判断です。


つまり、飲酒・喫煙・寝具や寝相の不具合・肥満など。


そして最後に、これまでのどれでもなかった場合は

「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」を疑われ、

程度が軽ければマウスピース、

中程度から重度の場合はCPAPという装置をつけて治療します。


いびきは将来的に命にかかわる病気を引き起こす危険につながるので

是非ご自分の睡眠を見直してみてください。

53回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

★花粉症と上手に付き合うには?

■花粉症ってなに? 花粉に対するアレルギー反応を「花粉症」といい、 アレルギー性鼻炎の一種。 花粉がのどや鼻から侵入し抗体がつくられ、 抗体が多くなりすぎると花粉と反応し、 アレルギー反応として現れます。 ■花粉が多い時間帯 晴れて気温が高い日・ 空気が乾燥して風がつよい日・ 雨上がりの翌日などに多く飛ぶ傾向にあります。 1日のうちでは、気温が高くなるお昼前後、 日没前後に飛散量が増えます。 ■日

★ぎっくり腰予備軍

あなたはぎっくり腰になったことがありますか? ぎっくり腰は、日頃の生活で積み重なった要因が、 何かのきっかけで一気に「ぎっくり腰」として発症するだけ。 仮になったことがなくても、ぎっくり腰予備軍の方は意外と多いのです。 中でも、普段から腰が痛い…という方は特に注意が必要。 まず、ぎっくり腰につながる可能性がある生活習慣がないか、 チェックしてみましょう。 ①「1日で座っている時間が長く、長時間座り

★寒い季節は温度差に注意!

急激な温度差が身体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といいます。 冬の室内、部屋ごとの温度差は6~10℃程度。 急激な温度差は、 脈拍の変化や血圧の変動などにつながり、 ひいては心臓発作や脳卒中を引き起こします。 冬になって、 入浴中に亡くなる方が増えるのもこれによるものです。 ■明け方は特に要注意 心臓発作や脳卒中は1年の中では冬に、 1日の中では特に午前中に起きやすいと報告されています。

© 2018 nagaokeseitaiin all rights reserved.